« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

脳内で全部の楽器を同時に鳴らす2つのアプローチ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 脳内で全部の楽器を同時に鳴らす2つのアプローチ
Link: http://sei.lovely.to/blog/005334.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5334

----

一昨日あたりから、
人間は1つのものに集中することしかできないのに、
KANさんみたいに、曲作りにおいて、
頭の中ですべての楽器を真の意味で同時に鳴らすには
いったいどうしたらいいんじゃろか、
ということを書いています。

いろいろ考えてみたのですが、今後、
トレーニング的に、2種類のアプローチを
それぞれ試して、最終的には2つを
併用して作曲に活かしてみようかと思います。

それぞれのコンセプトは、

・どの楽器にも集中しないようにしながら頭の中で流す
・集中するメロディ以外は体(脳)に憶え込ませて流す

どの楽器にも集中しないようにしながら頭の中で流す

これは、人間が1つのものにしか集中できないのを逆手に取り、
じゃあ、1つも集中しないようにすれば、
どの楽器も流すことができるんだよね?
という解釈から来るものです。

メリットとしては、頭の中の記憶部分を
いっさい使わないので、
比較的短期間で全部の楽器を流すという
目的を満たすことができる、ということが
挙げられます。

一方、デメリットとしては、
どの楽器にも集中できないので、この段階で
メロディを作ることはできません。

「曲全体の雰囲気」「曲調」「バランス」
をボヤーンとイメージしてから固めていく時に
優れたアプローチだと思います。

集中するメロディ以外は体(脳)に憶え込ませて流す

これは、たとえば、
ピアノやギターを弾き語りをするとき、
歌うことに集中できるように、
ピアノやギターを演奏する手の動きは
体に憶え込ませておいて、
いちいち「次はド、その次はミ」といった
思考を伴わなくても憶え込ませた手が
勝手に動くようにしておく、
という考え方から来るものです。

ドラム・ベース・・・といった
基礎モノから順番に、ひとつひとつの楽器を
何度も繰り返して思い浮かべて脳内に焼き付けます。
無意識に勝手に奏でられるくらいまで何度も何度も。

1つの楽器が無意識に奏でられるようになったら、
次の楽器に集中しながらも、裏では
脳内で1つめの楽器を鳴らしておく。
これを徐々に重ねていって、
最後には全楽器が同時になっている、という感じ。

メリットとしては、それぞれの
楽器が鳴らしている音をボンヤリではなく、
シッカリとメロディやリズムを決めてから
進めるという点が挙げられます。

デメリットとしては、慣れるまでは、
相当時間がかかる作業です。
PC上のシーケンサでやってることと同じことを
脳内で全部やろうとしてるんですから、
当たり前ですけれども。

このアプローチは、
あらかじめキラーフレーズや、
ルーチンで鳴り続けているメロディが
決まっている場合にはかなり有効です。

総括

まず書いておかなければならないのは、
間違いなくKANさんは上記のどちらの
アプローチを取っていない、ということです。

KANさんみたいにできない自分が、
どうやったら意識することなく、
全部の楽器を同時に鳴っているという状態を
実現できるんだろう、という考察に過ぎません。

でも、これだけは言えます。

今まで、口ずさみながら、
楽器を弾きながら、歌いながら、文字通り
弾き語りばったりで作曲していた私です。

上記ができるようになると、
曲作りがずいぶん楽になるだろうし、
楽器や設備がなくても、
真の意味でいつでもどこでも作曲できるので、
そういった意味でも嬉しいことなのです。

ゆっくりトレーニングしたいと思います。

【ブログ執筆待ち行列】
・RAG FAIRのニューアルバム


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月27日 (木)

人間は1つのことにしか焦点を合わせられない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 人間は1つのことにしか焦点を合わせられない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005332.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5332

----

昨日から、KANさん自身が言及している作曲方法で、

「頭の中ですでにすべての楽器が鳴っている」

ことの凄さをなんとか説明できないかと
がんばっていますが、その続きです。

頭の中で音楽を思い浮かべるとき、
どうしても真の意味で同時に複数の楽器を
奏でることが困難な理由は、
人間は普通、1つのことにしか焦点を合わせられない
というところに行き着きます。

視覚でいうと、
何かに焦点を合わせている状態のとき、
周囲は景色はぼんやりと意識できていても、
その周囲の「色」「形」「大きさ」といった
情報を細かく認識しようとすると、
今度はもともと焦点を合わせていた方の物体が
おろそかになってしまう。

聴覚、特に音楽でいうと、
何かの楽器に焦点を合わせている状態のとき、
周囲の音はぼんやりと意識できていても、
その周囲の「音色」「音量」「音程」といった
情報を細かく認識しようとすると、
今度はもともと焦点を合わせていた方の楽器が
おろそかになってしまう。

どんな音楽を聴いていても、
少なからずこういうメカニズムになっている
はずなんです。
特徴のある主旋律、時にハッとする副旋律、
お気に入りのフレーズ・・・
それらのタイミングでは、知らずのうちに
焦点がそちらに合っていて、周囲は
実はおそろかになっているんです。

だから、普通の人が
作曲するときについても、同じこと。
自分が旋律を作っている
メインの楽器に焦点を合わせているときに、
周囲でどんな楽器がどのような音を鳴らして
いるのかも含めて、同時に認識しながら
頭の中で思い浮かべられるのは、
相当困難なことなのだと思っています。

だからこそ、KANさんが頭の中でやっている
ようなことを、シーケンサーの力を借りて、
一つ一つの楽器のパートを徐々に重ね合わせてから、
組立て完了した状態を鳴らすことで、
実現せざるを得ないのです。

あ、15分経過しました。
申し訳ありませんが、時間切れです。

次回は、
じゃあ、どうやったら頭の中で
同時に全部の楽器を鳴らしながら作曲できるかを
突き詰めてみたいと思います。

【まだ執筆できていない待ち行列】
・RAG FAIRニューアルバム


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月26日 (水)

僕はせいぜい3つが限界です。

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 僕はせいぜい3つが限界です。
Link: http://sei.lovely.to/blog/005330.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5330

----

昨日も書いたKANさんの金曜コラムのお話の続き。

何年か前から、特にKANさんが自身の曲作りの
流れの説明をするときに、

「頭の中ですでにすべての楽器が鳴っている」

という表現をずっと使われているのですが、
端的にいうと、KANさんがプロである大きな要素は
この部分にあると感じています。

もちろん、プロの方じゃなくても、
「頭の中ですべての楽器が鳴っている」
という状態を実現することはできるかも知れませんが、
なかなかできることじゃありません。

では、試しに、
何か適当に頭の中で曲を思い浮かべてみてください。
別にオリジナルでも既存の楽曲でも良いです。

同時に、何個の楽器を鳴らすことができましたか?

僕はせいぜい3つが限界です。
良くても4つです。
しかも、この3つという数字は、
ちょっとズルしています。

なぜなら、真の意味で同時ではなく、
ほんのちょっと、それぞれの楽器をズラして
頭の中で鳴らし、同時になったと「みなしている」
からです。そうしないと、
各楽器がどのように音を出しているかを
認識しきれないからです。

KANさんはたぶん、曲を思い浮かべるとき、
そういうメカニズムじゃないんだろなぁ、
という想定で、このあと
いろいろ書こうと思ったのですが、
今日は15分間という限られた時間での
ブログ執筆モードなので、もう時間切れです(笑)

続きはまた次回。

次はRAG FAIRのニューアルバムの話とかも
書きたいんですが・・・。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

KANさんの楽曲のデモ画像に涎が。

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: KANさんの楽曲のデモ画像に涎が。
Link: http://sei.lovely.to/blog/005329.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5329

----

まず業務連絡です。

KANさんに関する豆知識をコレクティングする企画

「集めて!KAN知識」に一気に2週間分のデータを

追加しました。(No.64〜68)

以上、業務連絡を終わります。

さて。

遅くなりましたが、

先週のKANさんの「金コラ」は、

音楽をかじっている者にとっては

涎が出そうになるくらい貴重なモノでした。

ただでさえ、プロの音楽家が自分の作品の

シーケンサーの画面を写真に撮って

見せたりすることはなかなかありません。

なのに、それがデモ音源用のデータが拝めるなんて。

その貴重さに感動もひとしおです。

「音楽的な知識があればもっと楽しめるはず!」

と感じた方、少なからずおられると思います。

そんな方に「週刊マイミュージックスタジオ」を

ぜひともお勧めしたいです。

マイ ミュージック スタジオ | DeAGOSTINI デアゴスティーニ・ジャパン【e】http://deagostini.jp/mms/

僕自身、中途半端な独学知識で

音楽をやってきていたことを戒め、

「基礎からやり直そう」と、

昨年1月からひそかにずっと購読していた、

この、週刊マイミュージックスタジオ。

これをやっておけば、

今まで音楽をかじったことがない方でも、

楽曲のできる過程がイメージしやすくなり、

きっとKANさんの音楽的なコメントの意味が

とてもクリアに共感できると思います。

たぶん、バックナンバーも含めて、

大型書店ではまだ売ってるのではないでしょうか?

そうそう、先日、

この週刊マイミュージックスタジオが、

81週間を経て、ついに完結したんですよ。

1年以上ですから、結構な冊数です。

CD-ROMも81枚です。さすがデアゴスティーニ(笑)。

が、昨年息子が生まれてからは、

なかなか音楽朝練などをこなす時間が

確保できず、実際のところは

まだ最後までたどりつけていません。

半分過ぎたあたりで停滞中です。

最近は、息子の夜寝る時間も多少早まり、

音楽夜練なり音楽朝練の時間を確保できる

環境が整ってきましたので、

残りのチャプターを、時間を見つけては

頑張って片づけていきたいと思います。

ちょっと長くなりますが、今後、

金曜コラムの内容と自分のこれまでの

音楽の作り方を比較しながら、

自分の音楽の作り方を振りかぶってみたいと

思っています。

今日は時間切れなので、この辺で。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月24日 (月)

[ドラゴンボールオンライン]2年振りにドラゴンレーダーが反応

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ドラゴンボールオンライン]2年振りにドラゴンレーダーが反応
Link: http://sei.lovely.to/blog/005327.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5327

----

MMORPGってやったことがないんだけど

ドラゴンボールオンラインだけは気になる

って書いたことがありましたが、あれから2年。

なんの音沙汰もなかったのですが、今日ひっそり更新されてました。

僕も当時たまたま登録していたはてなアンテナで知ったんです。

ある意味ドラゴンレーダーですな。

▼ドラゴンボールオンライン(韓国サイト)

http://dbo.netmarble.net/main.asp

もうね、全部ハングルなので意味は全くわかりません(笑)。

きっと、韓国語を勉強して詳しいお義母さんに

聞いたほうが絶対はやいに決まってるんです。

しかし、あえて意味もわからないまま、いろいろクリックしてみたら、

なかなか面白そうに見える(ほんとに、見えるとしか言えない・・・(笑))

でも日本での発表はまだまだ先になりそうですね〜。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月22日 (土)

BSフジに出演決定

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: BSフジに出演決定
Link: http://sei.lovely.to/blog/005325.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5325

----

夜勤明けの新幹線車内で

ドラクエ9でメタルブラザーズに

きゅうしょづきを3回成功させようと

うとうとしながら頑張っていたSEIです。こんばんわ。

KANLENDARには登録済みですが、

そんな折、KANさんのBSフジでの番組出演が決定しました。

DVD発売と弾き語りツアーも近くなり、これからもまた露出が増えそうですね。

春の『KAN BAND LIVE TOUR 2009 じゃぁ、スイスの首都は?』のツアーで

BSフジの方からお花が届いていたのに、

テレビ中継とか録画とかが放送されなかったので、

微妙に気にはなっていたのですが、

このあたりでじわりと時間差でリンクしていたのですね。

地デジ化で、ひかりテレビやケーブルテレビに変えた方など、

最近BSが見られるようになった方も多いのではないかと思います。

お見逃しなく!

▼カンニングのDAI安吉日!カンニング竹山☆安めぐみ☆DAIGO

http://www.bsfuji.tv/daikichi/index.html

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月20日 (木)

KANさんのライブを観る夢、第6弾。

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: KANさんのライブを観る夢、第6弾。
Link: http://sei.lovely.to/blog/005322.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5322

----

KANさんのレギュラー番組

「Have a Nite Trip」「KANのロックボンソワ」の内容について、

「集めて!KAN知識」への登録を毎週行っていますが、

今週はお盆休みということで、来週まとめて登録します。

しばしお待ち下さい。

そんな中、

「Have a Nite Trip」の番組ブログへのリンクが

番組サイトから消えているのに気が付きました。

大したことじゃないのでしょうけれども、

これから交代交代でKANさんとキャサリンさんが

何か書かれたりするのかな?と思っていたので、

ちょっと残念。

話は変わるんですが、

平均すると1年に一回くらいでしょうか、

KANさんのライブに行った夢を見るんです。

で、まさに先ほど、弾き語りばったり#11を見に行く

夢を見ました。

だいたい、ライブツアーが決まって、

もうすぐツアーが始まる〜ってときに

観るんですよね。

その内容。

なんか仕事の都合で僕は開場時間はおろか、

開演時間にも間に合わず、

席もほとんど空いてなくて、立見席。

コロシアム的なすり鉢状の会場の中央で、

闘牛士の格好をしたKANさんと、

もう一人本物の闘牛士をゲストに迎え、

ピアノ弾き語りなのに、えらい場内は盛り上がってました。

ピアノは土の上に直で置かれていました。

あんな扱いして大丈夫なのか、と、

勝手に心配してました。

ええ、もちろん、ウシもいましたよ。

これでKANさんのライブに行った夢、

このブログに登場するのは6回目(笑)。

せっかくなので、並べときます。

▼いかん、ネタバレへの禁断症状が。: Architect of Music

http://sei.lovely.to/blog/004584.html

▼タイトルはライブの内容と全く関係ありません: Architect of Music

http://sei.lovely.to/blog/005216.html

▼KANさん帰国!ライブと新曲、どっちが先がいい?: Architect of Music

http://sei.lovely.to/blog/002800.html

▼KANさんのエントリを書きすぎたかな: Architect of Music

http://sei.lovely.to/blog/003214.html

▼夢の中のライブレポ『弾かず語らず紙芝居ばっかり』: Architect of Music

http://sei.lovely.to/blog/003821.html

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月19日 (水)

「メラ」を覚えていないのに「ギラ」を覚えている

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 「メラ」を覚えていないのに「ギラ」を覚えている
Link: http://sei.lovely.to/blog/005320.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5320

----

昨日で7日間の夏休みが終わりました。

今日から諸々通常通りの営業に戻ります。

この夏休みの出来事として、まだ書いていないけれど

記しておかなければならないのは、

たっくんのスイミングスクールでの姿。

スイミングスクール(といってももちろん水慣れレベル)に

通ってみようか、ということになったいきさつは、

お風呂で頭からシャワーをかけても全く嫌がらず、

むしろシャワーに向かっていくたっくんをみて、

「これだけ大丈夫なら、一度通ってみる?」

と話し始めたことからでした。

もしプールを嫌がることがあれば、

無理に行かせるつもりもなかったので、

気楽な感じで。

プールにはママと一緒に入って、パパは見学席。

夏休みということもあり、僕を含めて3人ほど居ました。

当日泳いでいた子供たちのなかで多分最年少。

実際プールの中で水慣れ・お遊戯しているたっくんは、

「終始笑顔で楽しそう」とまではいかないけれど、

特にいやがることもなく、足もバタバタさせたり、

なかなかまんざらでもなさそうな感じでした。

一度すごく泣いてたのですが、

それは、プールサイドに座らせようとしたときでした。

「水から出たくない!」っていうことではないと思いますが(笑)

まだ「ハイハイ」はできなくて「ずり這い」しかできないのに、

水の中でバタバタ泳がせているのは、ドラクエ的表現でいうと

「メラ」を覚えていないのに「ギラ」を覚えているみたいな

感じではありますが、

本人が嫌がっていないのであれば、それでもいいのかな、と。

ああ、今日、まさに今から出社です。

仕事は別にいやじゃないけど、僕は

体質的にインフルエンザにかかりやすいので、

新型インフルエンザが怖くてねぇ。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月17日 (月)

[言った、言わない]KIR特製チケット到着

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [言った、言わない]KIR特製チケット到着
Link: http://sei.lovely.to/blog/005317.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5317

----

今回は、行くことが決定しているのが

KIRでゲットした大阪1日目と東京2日目の2公演だけですが、

弾き語りばったり#11「言った、言わない」

のKIR(北青山イメージ再開発)特製チケットが昨日到着しました。

写真はネタバレ記事のまでは、まだ載せませんが、

ネット上を調べればあっさりとたくさん見つかりますので、

そちらでご確認ください。

それにしても、今回も、

半券のほうも、もぎられるほうも、

ぐったり失笑するチケットですね(笑)。

もぎられるほうのツアータイトルは、

毎回毎回見逃しそうになりますが、

なにせもぎられたらなくなっちゃいますから、

前にも書いたとおり、

今のうちにスキャンするなり写真を撮るなり

写実主義系絵画で表現するなりして残しておきましょう!

肝心の座席ですが、見た感じでは

そんなに悪くないようです。

少なくとも、KANさんの背中しか見えない

ということはなさそうです。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

泣き声は縁起の良さのバロメータ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 泣き声は縁起の良さのバロメータ
Link: http://sei.lovely.to/blog/005315.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5315

----

先日からたっくんの初プールの話を書くって

何度も引っ張っておきながら、またもや別のお話です。

なにしろ今日はたっくんにとって記念すべき

「ジュビロ磐田初観戦」だったのです。

しかも、ちょうど生後9ヶ月になりました。

今シーズンのジュビロの日程が決まってから、

この熊谷スポーツ文化公園・大宮アルディージャ戦は

是非たっくんと見に行きたい、と思っていました。

まだ生後9ヶ月なので、そんな遠出できませんので、

熊谷にジュビロが来るなら

観戦しないわけにはいきません。

幸い、今日は雨も降らず、

気温的にも夕方には涼しい風が吹いて

心地よい観戦コンディションになりました。

よかったよかった。

当初勝手に19時キックオフとばかり勘違いしていて、

のんびり準備していたので、現地に到着したのは

試合開始(18時)から15分程度経っていたでしょうか。

昨年の最後の観戦から約1年、

ジュビロの観戦から遠ざかっていたこともあり、

スタジアムに近づくに連れ、徐々に思い出すように

観戦モードが体から滲みでてきました。

懐かしい雰囲気に、心躍ります。

でも今回はいつもと決定的に異なります。

ちょっと前に購入したジュビロのベビーTシャツ。

今回はこれを着た息子が一緒なわけで、

周囲に迷惑をかけてしまわないだろうか、

いろんな不安も楽しみも抱えながらスタジアムにイン。

さて。

係員の方に親切に空いている席に案内してもらい、

(その節はありがとうございました)

席に座ろうと準備しようと思ったそのとき。

ジュビロ・西のゴール!!!!

いきなりちょうど背後で起こった出来事でしたので、

残念ながらその瞬間を目撃できず(笑)。

そして周囲は大歓声!!

びっくりしたたっくんが大号泣!!!

ほんとに周囲のみなさま、申し訳ありません。

熊谷花火大会では泣くことはなかったので、

花火に対する免疫もできており、

ハーフタイムの花火大会はぜんぜん大丈夫だったんですが、

試合中にジュビロが攻め上がってきたときの

あの突然の歓声には流用できなかったようです・・・。

その証拠に、ゲーム運びが落ち着き始めると、

通常の応援の太鼓やら歓声では

特に泣きもせず、おとなしく観戦してました。

つまり、普通の大きな音は、大丈夫なんです。

が、またジュビロのチャンスになり、

僕も奥さんも含め、周囲が「ウォ〜〜〜」とか

テンションが上がり出すと、

それを察知したたっくんがまた号泣。

ごめんよ、どうしてもチャンスに唸るなと

言われても体が反応してしまうのですわ。

でも、つまるところ、

たっくんが号泣するタイミングが多く、

その長さが長ければ長いほど、

ジュビロは対戦相手に対して優勢に立っている、

ということですから、

ある意味「縁起の良さのバロメータ」に

なっているのかもしれないです(笑)。

とはいえ、

次回はあまり迷惑がかからないように、

たっくんにも慣れてもらって、

みんな楽しく観戦できるようにしたいです。

そんなたっくん生後9ヶ月で

生まれて初めてのジュビロ観戦記でした。

みんな何を追いかけているんだろう? posted by (C)SEI

http://photozou.jp/photo/show/1889/24856649

・・・いやいや、これで終わっちゃいかん。

試合の結果を書いてなかったわ。

結果は、1−1の引き分けでした。

これでジュビロが勝っていたら、

たっくんは「勝利の女神」になっていた

のかもしれないですが(注:たっくんは男です)

まあ世の中そんなうまいことできていませんね。

たっくんとともにジュビロの初勝利を

みられるのはいつの日か・・・大変楽しみです!

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月14日 (金)

見習いたいけど見習えない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 見習いたいけど見習えない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005312.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5312

----

義父さんが4月に亡くなり、
新盆を迎える8月、
昨日から2泊3日で奥さんの実家に来ています。

今まで祖父祖母の新盆は経験しましたが、
そのときは親がすべていろいろやってたので、
あまりどういう準備があってどういう仕組みで
・・・ということを真剣に考えたことが
なかったような気がします。

今回は、あれからもう何年も経って、
真剣にいろんなことを考えるような人間に
なったので、新盆の行事そのものの進め方や、
それぞれの意味会いなど、
ほほ〜なるほど、と学ぶことが多くて、
感慨深いお盆になりました。

8ヶ月のたっくんは今回もたくさんの親戚に会って、
泣くこともなく愛嬌を振りまいていました。
なかなか人見知りはしないみたいなのですが、
多少堅い表情なのは、ちょっと緊張気味だったのかも。
みなさんがお帰りになった後は、
さすがに彼なりにいろいろと張りつめたものが
解けたのか、めっさ寝てました。お疲れさまです。

この数日自宅を離れていますが、
木曜日の「Have a Nite Trip」、
出発前にバルコニーの手摺りに括り付けて
予約録音していますので、ご安心を(誰に言ってる?)。

そういえば、KANさんの今週の金曜コラムは、
音楽やってる人なら「おぉぉ!」って唸る内容で
非常によかったですね。

僕もかつては、「YAMAHA V50」というある意味名機で、
リズムを作るとこrから上モノを作るところまで、
オールインワンな作曲活動をしていましたが、
2行の液晶で表現できることはかなり限られていて、
大学ノートにあれこれ書き殴っていました。

今ではもちろんPCで全部やっちゃっていますので、
そんな苦労とはオサラバして長いのですが、
まだあの苦労をKANさんは「音楽的こだわり」で
続けているのを知り、リスペクト度がまた上がりました。
「コピーを使わないで全小節を手書きする」というのは、
まさに、生モノの音楽を大切にしている証拠です。

見習いたいけどやっぱりラクな方を選びたくなって
見習えない、そんな結果になりそうなので、
「これからはKANさんを見習って手書きします!」
なんて大きなクチは叩けないですが(苦笑)

あ、前回予告した「たっくんプール見学録」は、
また次回以降の宿題で。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月12日 (水)

マニュアルはちゃんと読まなきゃいけませんね

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: マニュアルはちゃんと読まなきゃいけませんね
Link: http://sei.lovely.to/blog/005309.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5309

----

今日から7日間しっかりと夏休みをいただきました、

SEiです。こんばんわ。

昨日の無謀なルールで書き始めたブログの話の続きです。

15分間でどこまで書けるか、ということにも気を配りながら、

あとで推敲する時間を敢えて用意しないことにより、

文章の組み立てを即席でどこまでの完成度に

することができるか、ということにも気を配るので、

自分への鍛錬にもなっているのだと、

今更気が付きました。

これって何気に良い取り組みなのかもしれません。

ぐだぐだと長時間かけて文章を書くよりも、

決めた時間でズバッと書きたいことをエッセンスを

簡潔にまとめて表現する、自分の一番苦手な部分を

スキルアップできるように、頑張ります。

また、文章が途中で終わってしまうことにより、

続きが気になる!という奇特な方にとっては

リピーターとなっていただくきっかけになるかも

しれないし・・・(んなわきゃないか)

これについては、私自身も、

「お、この続きがすごい気になるわ!」という

文章を書くほどの自信は持ち合わせていないので、

心がける程度にしておきます(笑)。

そんな夏休み初日、我が家の回線業者は、

携帯・固定電話・インターネット全部含めて、

名実ともにNTTからKDDIに切り替わりました。

だって、やっぱし、まとめると経済的にお得なんですもの。

でも、実はインターネットの切り替え時に、

元々所持していたAterm WR6600Hから、

auからレンタルのホームゲートウェイAterm BL190HWを

経由したインターネット接続ができず、

えらい四苦八苦して、ようやく先ほど繋がったのです。

最終的な理由は簡単でした。

いままでNTTに接続していたときは、

Aterm WR6600Hをルータモードに設定していたんですが、

auに変わると、ホームゲートウェイ側に既にルータ機能が

備わっているので、

Aterm WR6600Hをアクセスポイントモードに設定する必要が

あるわけです。

で、その切り替え作業に必要な初期化手順を

マニュアルどおりにちゃんと行っていなかったため、

変更したはずのアクセスポイントモードにきちんと

切り替わっていなかったために接続できなかった、

というだけでした。

気が付いたらちょっとした理由なのに、

しかも理論的には知っていたことなのに、

Aterm WR6600Hの設定初期化手順を

誤っていたというだけで、数時間苦しんでしまいました。

マニュアルはちゃんと読まなきゃいけませんね。

お、今日はちゃんと15分で話が完結しました(笑)。

時間が余れば、たっくんのスイミングスクールを見学した

話も書こうと思っていたのですが、

それはじゃあ、次回に回しましょう。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月11日 (火)

無謀なルールでブログを書きはじめる

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 無謀なルールでブログを書きはじめる
Link: http://sei.lovely.to/blog/005307.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5307

----

今朝、携帯メールで受信した地震速報で
世間から1時間半ほど遅れて、
ようやく静岡県で発生した震度6弱の地震を
知ったSEIです。おはようございます。
我が家は震度3でしたが、家族全員
まったく気づかず、眠っておりました。

まだ現時点では、報道上は極大な被害が
あったとは知らされていませんが、
まだ報道の行き着いていないところで
小さな被害がたくさんあったことと思います。
お見舞い申し上げます。

世間はお盆休みということですから、
朝から新幹線等利用される予定の方も多く
新幹線が始発から運転見合わせしていることで
各地で混乱しているのではないかと察します。

台風9号の影響を考慮して高速道路割引を
利用した行程で各地へ移動される方も
多いと思いますが、東名高速道路も一部区間閉鎖。
今日から明日にかけてがお盆休みの渋滞ピークと
言われているそうで、
こちらも一般道で大渋滞が発生するのでしょうか。

いち早く平常通りに戻ることを願います。

さて、最近ブログが更新停滞気味だと自分では
勝手に判断していまして、
朝の通勤時間帯に15分間でもいいから
なにかしら文章が書けやしないかと模索中です。

月曜日の朝の通勤時は主に
「集めて!KAN知識」向けのデータ作成を
行っているため、それ以外の出勤日には、
こうやって時間制限がある中での
執筆を進めてみようかと思います。

ただし、15分間が経過し次第、
どんな途中状況であっても、一旦中断して切り上げ、
ブログにはアップしてしまう、
という無謀なルールです。

早速、今日はここまでで15分経過しましたので、
めっちゃ中途半端ですが、ここで切り上げます(笑)。

あ、最後に。
昨日、「集めて!KAN知識」に
この前の木曜日・土曜日分のKANさんの
レギュラー番組の内容を反映しましたので、
そちらもまたお試しください。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月 5日 (水)

意外とあるもんですね、KAN知識

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 意外とあるもんですね、KAN知識
Link: http://sei.lovely.to/blog/005299.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5299

----

最近、AMループアンテナを自作することで
自宅に居ながらにして録音可能になった
STVラジオ「KANのロックボンソワ」や、

バルコニーの手摺りにラジオを縛り付けることで
自宅に居ながらにして録音可能になった
interFM「Have a Nite Trip」から、

KANさんのコメントやトークのうち、
ちょっと残しておきたいな、というものを
「集めて!KAN知識」に登録するようになったのですが、
そのおかげで、これまで登録が滞っていた
KAN知識がおかげさまで50個を突破しました。

正直、1回の放送につき1つくらい登録するような話が
あれば十分かな、と高をくくっていたのですが、
意外や意外、意外とあるもんですね、
ちょっと残しておきたいな、というエビソーダやトーク。

そもそも「それ、誰でも知ってるやん」とか、
「それ全然【知識】とちゃうやん!」というものもあるにはありますが、
まあ、それは言葉の松浦アヤというやつです。
あんまり気にしないでください^^。

あ、肝心な「集めて!KAN知識」の閲覧方法ですが、

http://sei.lovely.to/blog/004506.html

に書いてあるように、各ブログの本文末尾にある5段階評価用の「☆」を
クリックして評価していただいたときに、数秒間表示される「感謝!」ボタンを
クリックすることにより、別ウィンドウに1つだけ
KANさんに関する知識(KAN知識)が表示されます。

同じブログエントリーに対して同じ日に何度評価しても、
表示される「KAN知識」は同じですので、
1日のうちで違う知識がいくつも読みたい場合は、
別のブログエントリーに対して評価して「感謝!」ボタンを
クリックしてください。
(携帯電話には対応していません。また、一部ブラウザでは正常に動作しない場合があります。ご了承ください。)

各「KAN知識」には、固有の「No.」を付与しています。
これをコレクター精神を駆使して集めていくことで、
最終的に壮大な「KAN辞典」が完成する・・・のかもしれません^^。

とはいえ、現時点で、「集めて!KAN知識」を使っておられる
ユーザーがどのくらいいらっしゃるのか、
皆目見当がついていません。
実は僕以外、誰も見たことないのかもしれません。

でも、自分が後で登録しまくったデータベースを検索して
過去の情報を探して思い出したりするのに大変便利なので、
今後もゆっくり地味〜に更新していきますので、
よろしかったらよろしくどうぞ(笑)。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月 4日 (火)

[言った、言わない]フェイント追加公演決定

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [言った、言わない]フェイント追加公演決定
Link: http://sei.lovely.to/blog/005296.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5296

----

KANLENDARには昨日登録を済ませましたが、
KANさんの2009年秋開催、
本物のアーティスト風シリーズ第6弾
【弾き語りばったり #11 〜言った、言わない〜】
の追加公演等が決まりました。

そろそろ発表来るだろうな〜、
と思ってはいましたが、
当たり前のように東京が入っていると思っていたので、
ちょっとびっくり。

札幌追加公演と貝塚公演。

今回は開催都道府県ではなく、
開催都市で公演を銘打っていますので、
大阪府でありながら、貝塚公演は
追加公演ではなく、新規公演です。

大阪に住んでいた時代を含めて、
貝塚って何年行ってないでしょう?
懐かしい響きです。

500席弱収容の中ホールで、
落ち着いて見られそうですね。

僕はたぶん遠征できませんが、
もしも遠征する場合は、明らかに
関空ルートで入るのが便利です。

今回新たに決まった公演は
11月3日と11月22日。
間にまだ日数が開いているため、
さらなる追加公演を期待していいんですよね?

関東方面も、そろそろ埼玉あたり、
フェイントでいかがですか?(願)


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年8月 2日 (日)

セイ櫂谷のセイヤングmini・第4回『モスキート音が聴こえるかい?』

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: セイ櫂谷のセイヤングmini・第4回『モスキート音が聴こえるかい?』
Link: http://sei.lovely.to/blog/005294.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5294

----

今日昼間に放送していた

「アッコにおまかせ」でオンエアされた、

モスキート音のCDのサンプル。

皆さんは聴こえましたか?

我が家3名の結果は・・・

▼セイ櫂谷のセイヤングmini

http://www.voiceblog.jp/seimusic/

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »