« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

新車購入への道(5)価格交渉

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新車購入への道(5)価格交渉
Link: http://sei.lovely.to/blog/005123.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5123

----


【前回までのあらすじ】

現在利用中の立体駐車場で
極力手早く息子を乗せて出庫するため、
スライドドアのある普通車で車長4000mm以下
という条件から絞り込み、試乗も経た上で
「トヨタ・ポルテ」を新車で購入することを決定。
HDDナビなど必要最低限のオプションを検討完了。

今回は、いよいよ大詰め、価格交渉です。
実は、長時間かけながらも、試乗、価格交渉、契約を
同日に済ませました。

◇◇◇◇◇

価格の交渉に当たっては、以前このブログでも
車検費・燃費節約について書いたときに
紹介させていただいた、愛媛県松山市の某石油王大先生に、
さらに多大で貴重なアドバイスをいただきました。

▼ガソリンスタンドで車検! 愛媛県松山市のパイオニア石油がお得!
http://www.pioneersekiyu.com/index.html

まさにここにある
「失敗しない車購入法教えます!」
をメインに、いろいろと手ほどきしていただいた形です。
「交渉代行」という形ではありませんでしたが、
これらのアドバイスなしに交渉していたら、
間違いなく、ディーラーの思う壺だったと思います。

上記、大先生のサイトに書いてあるとおり、


★新車値引きの限界が分からない
★下取り車を値引き材料に使うことで、ごちゃ混ぜになって、かえって分からなくなる
★不要な諸費用を取られていることがある
★他社で買ったほうが安いオプション・サービスを購入する


まさにこの4つで、丸め込まれていたかもしれません。
いや、間違いなく、他人に甘い傾向がある僕は、
丸め込まれていたに違いないです。

そして、事前に、大先生から、ディーラーが仕掛けてきそうな
いろんなカラクリやトリックや錯覚を聞いていたからこそ、
値引き交渉の全体像が見えやすかったし、
この先の交渉で揺さぶられることもなかったのだと思います。

かといって、近所のディーラーで購入するわけですし、
末永い付き合いになることも考えると、
あまりにも厳しすぎる態度で臨むのも、
逆に、ある反面、自分の居心地が悪いので、
あくまで「Win-Win」の雰囲気で交渉しながらも、
目標とする値引き金額をクリアする、という感じで挑みました。

◇◇◇◇◇

まず、今乗っている車の「下取価格」。

値引き材料にされないように、まずここ単体で交渉。
といっても、「WiLL」という「企画ブランド」モノで、
台数がそこまでたくさん出ていない車種だということもあり、
大先生から聞いていた目標金額を上回り、かつ、
ネット上で出した想定金額を3万円上回ることができました。

ここでちょっと満足してやめちゃったのは今思うと後悔。
頑張ってここをもうちょっとガメツク行けば、
さらにハッピーだったかもしれません。

◇◇◇◇◇

そして「本体+オプション+諸費用価格」。

まず、車庫登録は、基本的に自分で出来るし、節約にもなる!
という大先生のご指導があったし、自分もそう思ったので、
「車庫登録は自分でやります!」と言って交渉しました。
で、いろいろ話を進めていくうちに、
最終的にディーラー側で無料でやってもらえることに。

ただし、その他、ナンバー選択費用とか、オプションとか、
今あるETC装置の移設工事とか、モロモロを纏めて
交渉させて欲しい、とディーラー側から言ってきました。

もちろんこれは、本体価格の値引き額を正確に
把握できないようにするための「罠」なのですが、

「全部込み込みの価格で値下げ幅を評価すること」

という大先生からのご指導があったおかげで、

「頭の中で値引き額をちゃんと計算して均等分配しながら、
注意して交渉すれば、それでもまあいいか」

という結論に達し、
方針にブレがなく進められそうだったので、
敢えてこの「罠」にOKしました。

◇◇◇◇◇

ここから先は、具体的な数字はほとんど出しません。
パーセントだけ書きますので、
気になる方は、頭の中でレッツ計算(笑)。

本体価格の目標値下げ幅は、大先生から具体的数値で
本体価格の約11%の値をアドバイスされていました。
ということは、本体価格にオプションと諸費用を足しても、
最低でも同等の値引率を維持もしくはそれ以上でないと、
合格とは言えません。

これまで「新車値引きの限界が分からない」という状況で
分厚い雲で見えなかった着地点。ここにきて雲がスッカリ晴れ、
着地点が具体的な数字となってクッキリ地上に現れたため、
この後が非常に交渉しやすくなったのです。

最終的に、粘りに粘って、粘った結果、
「今日、即決してくれるのであれば」という条件付きで、
総価格の約16%の値引率を出してきました。

やばい・・・。

こんな個室で、「即決を条件に」と言われて

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月26日 (木)

新車購入への道(4)オプション検討

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新車購入への道(4)オプション検討
Link: http://sei.lovely.to/blog/005120.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5120

----

【前回までのあらすじ】

現在利用中の立体駐車場で
極力手早く息子を乗せて出庫するため、
スライドドアのある普通車で車長4000mm以下
という条件から、新車「トヨタ・ポルテ」が
最有力候補となり、試乗の末、ほぼ満点で購入を決定。

今回は、オプションの検討です。

いやいやほんと、最近の車っていうのは、
すごくハイテクです。
すごくハイカラです。
でも、ハイオクは使っていません。
基本的にレギュラーです。

とにかく、僕がオプション検討なんてすると、
物欲魔人的根性が表面化して、
いるものもいらないもの関係なく、
いろいろつけまくってしまう悪い癖がでる
懸念があったのですが。

試乗したときにも、ついてましたよ。
あの、噂の「バックモニター」っていうんですか?
後進時に自分が進む方向を予測して
黄色とか緑とかの線が出てくるっていうやつ。

あれがついてたんで、
僕も奥さんも試してみましたよ。

いや〜、あれは、いらないです(笑)。

だって、バックしてる最中って、
画面なんて見てませんもの。
むしろ、画面みるほうが危ないですって。
だって、車はバックしてるんですよ?
バックしてるときは、後ろを見るべきです。
本物の運転免許証を持っているのならば。

後ろに誰か死角に入るかもしれないから
便利だし安全、なんていう言い訳無用です。
そんな心配があるからこそ、
後ろを向いて、広い視野をもって、
あらゆる方向に視線を配るべきなのです。

結局自分の目で窓の外やバックミラーを
見ながら、後進するほうがよっぽど確実で。

・・・っていいながら、
こんなこと書くとひんしゅくを買うかもしれませんが、

カーナビは、必要です(ぉぃ)。
基本方向音痴なので(ぉぃ)。

本物の運転免許証を持っているのなら、
初めて走る道のりでも、
地図でちゃんと確認して自分で決めたルートを
走れなきゃいかん!って、教習所で習ったような
気がしなくもないですが、
だめなんですよね、こればっかりは。

そして、WiLL CYPHAのときに、
「G-BOOK」を経験していて、特に、
PC上でネット経由で走行経路を転送できる
仕組みは、かなり重宝していて、
今回もそれが使いたかったので、
「G-BOOK mx」モデルのHDDナビをつけました。
ついでに(いやこれがメイン目的か?)、
iPod接続ケーブルもセットで。
これで、充電はカーナビに接続すれば問題なし!
FMトランスミッターも要らなくなって、
車内スッキリ!です。

主立ったオプション実はこれくらいです。
空気清浄機とか、気にならなくはないのですが、
まあ、今でもなくてもなんとかなっているわけだし、
もともとエアコンにプラズマクラスターが
ついているらしいんで、それで十分と判断。

リモートスタートとか後部座席モニターとか
ドレスアップ系とか、そういうのは一切なし。

あとは、サイドバイザーとか、フロアマットとか
ナンバープレートのフレームとか
基本的なものだけを必要最低限で、つけました。

そして、最近話題のETC。

カーナビのオプションで、画面に逐一金額とかが
出力されるようにできるオプションETCが
あったのですが、
現在使っているETCを持ち込んだ方が安価だし、
金額も音声で教えてくれるので、十分。
ということで、現在使っているETC機器を
移植するということで検討完了。

オプション検討は、以上です。
結論としては、ハイテクなものはHDDだけ。
あとは原則基本的なものだけつけました。
意外とシンプル、物欲魔人も現れず。

小刻みで申し訳ありませんが、
今日も時間切れですので、ここまで。

次回は、いよいよ、価格交渉です。
知る人ぞ知る、あの愛媛の石油王も登場しますよ!


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月25日 (水)

新車購入への道(3)試乗

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新車購入への道(3)試乗
Link: http://sei.lovely.to/blog/005118.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5118

----

【前回までのあらすじ】

現在利用中の立体駐車場において
極力迷惑をかけず手早く息子を乗せて出庫するため、
新車購入検討を開始。
スライドドアのある普通車で車長4000mm以下
という条件では選択肢は「トヨタ・ポルテ」くらい。
デザイン的にも夫婦ともに満足の範疇なので、
アット言う間に車種決定。

そして今回は、先週末に試乗してみての感想です。

試乗に際しての主な確認観点は以下の通り。


(1)チャイルドシートの設置のし易さ、安定度
(2)現在から車長が3000mm増えることの影響
(3)左側がスライドドア1枚であることの影響
(4)室内のフレキシブル度
(5)右側Aピラーの視認性
(6)室内の移動し易さ
(7)運転操作した感覚に違和感がないか
(8)駐車場格納状態でスライドドアが開けられるか
(9)息子たっくんの反応


(1)チャイルドシートの設置のし易さ、安定度

ネットでの噂では、
右側後部座席にドアがないため、
運転席の後部の座席にコンビのチャイルドシートを
設置しようとすると、
シートベルトの引きが十分にできず、不安定になる、
とのことだったので、その実際のところを確認。

今WiLL CYPHAで使用中のチャイルドシートを持ち込んで
実証しました。

結果、特にそんな風には思わなかったし、
むしろWiLL CYPHAのときよりも設置しやすく、
安定もしていたので、
むしろ今までがダメだったことが判明(笑)。

また、後部座席がやや座席がふつうよりも柔らかい
ということから、チャイルドシートへの影響が
多少懸念されますが、現時点、見た目では
致命的ではないと判断できます。
息子が小さく、まだ後ろ向きに座っているので、
長期間使ってみて様子を見るしかないかな、と。

というわけで、これについてはとりあえずクリア。

(2)現在から車長が300mm増えることの影響

僕は全く大丈夫でした。そりゃ、もともとは実家で
「ホンダ・オデッセイ」を運転していたわけですし。
奥さんも、一応一通り乗ってもらいましたが、
特に問題なさそうでした。バックについても、
苦労しているような感じはありませんでした。

車やさんの屋内に置いてあるときは、とても大きく
見えたのですが、それは相対的にそう感じただけで、
実際屋外で見ると、そこまで大きく感じませんでした。
目の錯覚というやつですね。

これについても、クリア。

(3)左側がスライドドア1枚であることの影響

左側は大きなスライドドアが1枚あるだけで、
後部座席側にドアがもう1枚あるわけではないため、
アクセスに問題があるのかもしれない、と、
多少気になっていました。

実際さわってみると、
助手席が思ったよりも軽く前後にスライドするし、
後部座席からも助手席のスライドや
スライドドアの開閉が簡単にできるので、GOOD。

後部座席のチャイルドシートに息子を乗せるときも、
ぶっちゃけ助手席のデフォルト位置を
一番前にしておいて後ろから乗り込むか、
一番後ろにしておいて前から乗り込むか、
のどちらかにしておけば、難なく乗り降りが可能。

子供がもしもう1人増えるとなったら、
多少考慮することがあるかもしれませんが、
助手席が相当範囲広く容易に可動であるため、
致命的な問題とはならないと思われました。

というわけで、これについても、問題なくクリア。

(4)室内のフレキシブル度

実際、そんないろんなフォーメーションでシートを
あちこち動かすことはないと思いますけども、

助手席も運転席も、結構前後に動きまくるのと、
後部座席も完全に跳ね上げたり
多少リクライニングさせたりできます。
助手席のシートを畳んで机代わりにできるのが
特に、うれしいですね。

自分が想定している柔軟性を余裕でクリア。

(5)右側Aピラーの視認性

これもネット上での評価として、
運転席から右側のAピラーを見たときに、
かなり太いため、視認性が悪く、
中には事故りかけた人も居る、とのこと。

これは実際に運転してみるのが一番。
どれくらい視認性が悪いのかを確認。
右折時に困るということなのですが、
今までのWiLL CYPHAの時と比べても、
それほど悪くなったとは思えず。

元々細いピラーの車で運転していた方なら
確かに多少やっかいに感じるかもしれませんが、
身も蓋もないことをいうと、「慣れ」の問題。
僕ら夫婦にとっては、むしろAピラーが
見やすくさえ感じました。

後部への視認性も、ドアが少なく、
大きな窓になっている分、良好でした。
バックするときにぜんぜんストレスを感じず。

これらについてはもちろん個人差がありますので、
検討中の方がいらっしゃれば、
実際に乗って確認してもらいたいと思います。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月24日 (火)

新車購入への道(2)車種検討

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新車購入への道(2)車種検討
Link: http://sei.lovely.to/blog/005116.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5116

----

前回は、
現在利用中の立体駐車場においてできるだけ
周囲に迷惑をかけずに手早く息子を乗せて
出庫するために、新車購入に向け検討を開始。
条件として、スライドドアを備えていること
を書きました。

今回は、具体的な車種検討です。

当初の条件は、

(1)スライドドア
(2)現在の車(WiLL CYPHA)より極端に大きくない
(3)かといって軽自動車は避けたい

という程度でした。

(1)は前回も書いたとおり、
息子をチャイルドシートに乗せて出庫するまでの
手順を少なくするための最低条件。

(2)は、奥さん要件。僕はいくら大きくなっても
大丈夫ですが、体の小さい奥さんにとっては、
運転する上で大きすぎると運転に支障がありまくり。
現在が3700mm程度なので、
できるだけ4000mm以内に収めたいところ。

(3)は、わがままだと言われそうですが、
小さすぎてもそれはそれで狭くて困っちゃいます。
利用頻度は少ないとはいえ、乗るからには、
一種ののびのびくつろげる居住空間として捉えたい。

そんな、一見すると相当候補がひっかかってきそうな
たった3つの条件だったのです。

すると、国産では、

トヨタ・ポルテ

くらいしか見つからない、という。
できるだけ早期に決めてしまわないと、
息子との生活にも影響があったので、
逆にある反面、助かりました(笑)。

別に、坂道山道を走りまくる要件もないし、
パワーやスピードを求めていないし、
排気量は少ない方が経済的にも良い、てことで、
「1300cc」を。
そしてお得なパッケージである「Cパッケージ」を。
汚れが一番目立たないという理由で「シルバー」を。

ここまで決まるのに、
ほとんど時間はかからなかったような気がします。

あとは、机上でいろいろ検討していても、
イメージと異なることが多いにあり得るので、試乗。
そして、オプション検討、
さらに、メインイベントとも言える、
サイファの下取り価格交渉、
及び新車の購入価格交渉です。

今日は時間切れですので、ここまで。

次回は、試乗してみて総合的に判断した、
「ポルテ」の良い所と留意点を書き留める予定です。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月23日 (月)

新車購入への道(1)検討のきっかけ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新車購入への道(1)検討のきっかけ
Link: http://sei.lovely.to/blog/005114.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5114

----

2002年11月にトヨタ「WiLL CYPHA(ウィル・サイファ)」
を契約し、6年半近く、乗ってきたわけですが、
いろんな事情や現状や感情を織り交ぜた検討の結果、
新車購入の運びとなりました。

正直なことをいうと、
6年半しか乗っていないサイちゃんを手放すのは、
非常に寂しいと感じなくもないのですが、
その寂しさを超えるくらいの緊急事態でもあるため、
決断の運びとなりました。

その理由は、そうです、ご想像通りです。
たっくんを乗せたときに判明した課題です。

我が家が利用しているの駐車場は、
マンション共同の立体駐車場で、
縦3台、横3台の
計9台につき1つ設置されたボタンパネルを操作し、
普段は地下に眠っているパレットを
上下させることにより、車にアクセスする仕組みです。

1つのパレットを支える支柱は、4本で、
うち2本は後部座席のドアのちょうど真横の位置にあり、
そのままの位置ではこれらのドアを全開にはできません。

そう、たっくんの乗り降りには、後部座席の
チャイルドシートにアクセスする必要があり、
車を動かさない限り、たっくんを乗せることができません。

ベビーカーにたっくん一人で放置すると、
風などで転倒する危険もあるため避けたいわけで、
そうすると、親1人、子1人しか居ないときに
たっくんを乗せる手順は以下の通りに。

0.駐車場のパレットを操作して車を地上ラインへ上げる
1.たっくんを助手席に寝かせる
2.自分が運転席へ回り、パレットから車を出す
3.もう一度助手席側に回り、たっくんを抱き上げ
4.後部座席のドアを開けて、チャイルドシート横へ移動
5.たっくんをチャイルドシートに座らせる
6.駐車場のパレットを操作して元の位置に下げる
7.自分が運転席へ戻り、作業完了。

下手したら、上記の手順をすべて行うのに、
15分くらいかかることもあるとかないとか。

そのあいだ、共有している他の8つのパレットからは
自動車の出し入れができないわけで、
自分が面倒とかいうよりも、他の方に迷惑がかかる。
それをなんとかして、避ける方法はないか、と。

すると、答えは、
「スライドドアのついた車を購入する」
というところに行き着いたわけです。

マンション敷地外に車庫を借りるとか、
1番上の支柱のない段に移動させてもらうとか、
そういうアプローチもなくはないのですが、

現在の普段は沈んでいる状態というのが、
実は、夏場、まったく車内が暑くならないという
最高にして最大のメリットがある上、
できるだけ敷地から離れたところに駐車場を借りるのも
それはそれで遠くて面倒になるということから、
検討対象外としました。

さて、
まだ、どの新車を買ったのかも触れないまま、
時間の都合で、今日はここまで。

次回は、車種選定について、もうちょっと
掘り下げていきたいと思います。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月18日 (水)

Wiiゴールデンハンドルを握れない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: Wiiゴールデンハンドルを握れない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005108.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5108

----

2008年に任天堂のゲームソフトを購入したら

もらえるポイント数により、

恥ずかしながらプラチナ会員と認定され(笑)

ご褒美にもらえるプレゼントとして選択した

「Wiiゴールデンハンドル」が到着しました。

実はずっと前に。

「マリオカートWii」を買うと付属してくる

ハンドルは白いのですが、同じカタチでありながら、

金色のバージョンなのです。

我が家でマリオカートWiiで対戦時は、

細君がWiiハンドル、僕がWiiリモコンで

プレイしていたので、ちょうど良いタイミングで

プレゼントされたことに感謝しています。

最初からWiiハンドルを2つ買わなくてよかった〜。

しかし、実際まだ1度も使われていません。

決して、

レアアイテムだから使うのがもったいない、とか、

今度自分の車に取り付けるからゲームには使えないな、とか、

なんだよ、金でできてるのかと思ったら

色が塗ってあるだけじゃないか、ちぇっ、とか、

そういう理由ではありません。

単純に、ゲームをする時間がない。のです。

無理にでもゲームをする時間を確保していた

僕にとって「ゲームをする時間がない」なんて、

本来ありえないセリフなのですが、

これが驚くことに現実にありえるんですね。

決してゲームが嫌いになったわけじゃなく。

1年前の自分からは想像がつかない急激な

ライフスタイルの変化がその背景にあります。

これまで「DS」をプレイしていた新幹線車内では、

ポメラを使ってブログを書くようになり、

これまえ「Wii」をプレイしたりブログを書いたりしていた

食後や風呂上がりには、たっくんの相手をしている

という生活リズムの変化が起こったんです。

当たり前ですが、すべてがたっくん中心の生活。

楽しい毎日です。

たっくんの入浴は僕が9割以上担当しているので、

たっくんの就寝時刻は夜中0時すぎ。

その後でも、今までの僕なら

ちょろっとゲームしてたかもしれませんが、

もはや体力は0に近く、ほとんどなにも

するような気力は残っていません。

やることといえば、せいぜいネットで15分程度、

買い換える車の検討を眠い目をこすりながら

進めるくらい。

(さらっと爆弾発言(笑)詳細はいずれ。)

そんなわけで、ゲームは2の次になるんです。

でも、ゲーム関連のニュースだけはチェックしてますよ。

つまり、ゲーム好きであることだけは、変わりません。

いつか、時間制限をちゃんともうけて(これ大事)、

たっくんとマリオカートWiiの対戦をする日が

やってくるのでしょうけれども、

そのときは、このゴールデンハンドルを

たっくんに譲り託したいと思います(笑)。

なんか、親からの形見みたいですね(笑)。

っていうか、

親の形見がゲームのハンドルって・・・

どないやねん(笑)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

Wiiゴールデンハンドルを握れない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: Wiiゴールデンハンドルを握れない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005108.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5108

----

2008年に任天堂のゲームソフトを購入したら

もらえるポイント数により、

恥ずかしながらプラチナ会員と認定され(笑)

ご褒美にもらえるプレゼントとして選択した

「Wiiゴールデンハンドル」が到着しました。

実はずっと前に。

「マリオカートWii」を買うと付属してくる

ハンドルは白いのですが、同じカタチでありながら、

金色のバージョンなのです。

我が家でマリオカートWiiで対戦時は、

細君がWiiハンドル、僕がWiiリモコンで

プレイしていたので、ちょうど良いタイミングで

プレゼントされたことに感謝しています。

最初からWiiハンドルを2つ買わなくてよかった〜。

しかし、実際まだ1度も使われていません。

決して、

レアアイテムだから使うのがもったいない、とか、

今度自分の車に取り付けるからゲームには使えないな、とか、

なんだよ、金でできてるのかと思ったら

色が塗ってあるだけじゃないか、ちぇっ、とか、

そういう理由ではありません。

単純に、ゲームをする時間がない。のです。

無理にでもゲームをする時間を確保していた

僕にとって「ゲームをする時間がない」なんて、

本来ありえないセリフなのですが、

これが驚くことに現実にありえるんですね。

決してゲームが嫌いになったわけじゃなく。

1年前の自分からは想像がつかない急激な

ライフスタイルの変化がその背景にあります。

これまで「DS」をプレイしていた新幹線車内では、

ポメラを使ってブログを書くようになり、

これまえ「Wii」をプレイしたりブログを書いたりしていた

食後や風呂上がりには、たっくんの相手をしている

という生活リズムの変化が起こったんです。

当たり前ですが、すべてがたっくん中心の生活。

楽しい毎日です。

たっくんの入浴は僕が9割以上担当しているので、

たっくんの就寝時刻は夜中0時すぎ。

その後でも、今までの僕なら

ちょろっとゲームしてたかもしれませんが、

もはや体力は0に近く、ほとんどなにも

するような気力は残っていません。

やることといえば、せいぜいネットで15分程度、

買い換える車の検討を眠い目をこすりながら

進めるくらい。

(さらっと爆弾発言(笑)詳細はいずれ。)

そんなわけで、ゲームは2の次になるんです。

でも、ゲーム関連のニュースだけはチェックしてますよ。

つまり、ゲーム好きであることだけは、変わりません。

いつか、時間制限をちゃんともうけて(これ大事)、

たっくんとマリオカートWiiの対戦をする日が

やってくるのでしょうけれども、

そのときは、このゴールデンハンドルを

たっくんに譲り託したいと思います(笑)。

なんか、親からの形見みたいですね(笑)。

っていうか、

親の形見がゲームのハンドルって・・・

どないやねん(笑)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

Wiiゴールデンハンドルを握れない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: Wiiゴールデンハンドルを握れない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005108.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5108

----

2008年に任天堂のゲームソフトを購入したら

もらえるポイント数により、

恥ずかしながらプラチナ会員と認定され(笑)

ご褒美にもらえるプレゼントとして選択した

「Wiiゴールデンハンドル」が到着しました。

実はずっと前に。

「マリオカートWii」を買うと付属してくる

ハンドルは白いのですが、同じカタチでありながら、

金色のバージョンなのです。

我が家でマリオカートWiiで対戦時は、

細君がWiiハンドル、僕がWiiリモコンで

プレイしていたので、ちょうど良いタイミングで

プレゼントされたことに感謝しています。

最初からWiiハンドルを2つ買わなくてよかった〜。

しかし、実際まだ1度も使われていません。

決して、

レアアイテムだから使うのがもったいない、とか、

今度自分の車に取り付けるからゲームには使えないな、とか、

なんだよ、金でできてるのかと思ったら

色が塗ってあるだけじゃないか、ちぇっ、とか、

そういう理由ではありません。

単純に、ゲームをする時間がない。のです。

無理にでもゲームをする時間を確保していた

僕にとって「ゲームをする時間がない」なんて、

本来ありえないセリフなのですが、

これが驚くことに現実にありえるんですね。

決してゲームが嫌いになったわけじゃなく。

1年前の自分からは想像がつかない急激な

ライフスタイルの変化がその背景にあります。

これまで「DS」をプレイしていた新幹線車内では、

ポメラを使ってブログを書くようになり、

これまえ「Wii」をプレイしたりブログを書いたりしていた

食後や風呂上がりには、たっくんの相手をしている

という生活リズムの変化が起こったんです。

当たり前ですが、すべてがたっくん中心の生活。

楽しい毎日です。

たっくんの入浴は僕が9割以上担当しているので、

たっくんの就寝時刻は夜中0時すぎ。

その後でも、今までの僕なら

ちょろっとゲームしてたかもしれませんが、

もはや体力は0に近く、ほとんどなにも

するような気力は残っていません。

やることといえば、せいぜいネットで15分程度、

買い換える車の検討を眠い目をこすりながら

進めるくらい。

(さらっと爆弾発言(笑)詳細はいずれ。)

そんなわけで、ゲームは2の次になるんです。

でも、ゲーム関連のニュースだけはチェックしてますよ。

つまり、ゲーム好きであることだけは、変わりません。

いつか、時間制限をちゃんともうけて(これ大事)、

たっくんとマリオカートWiiの対戦をする日が

やってくるのでしょうけれども、

そのときは、このゴールデンハンドルを

たっくんに譲り託したいと思います(笑)。

なんか、親からの形見みたいですね(笑)。

っていうか、

親の形見がゲームのハンドルって・・・

どないやねん(笑)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

Wiiゴールデンハンドルを握れない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: Wiiゴールデンハンドルを握れない
Link: http://sei.lovely.to/blog/005108.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5108

----

2008年に任天堂のゲームソフトを購入したら
もらえるポイント数により、
恥ずかしながらプラチナ会員と認定され(笑)
ご褒美にもらえるプレゼントとして選択した
「Wiiゴールデンハンドル」が到着しました。
実はずっと前に。

「マリオカートWii」を買うと付属してくる
ハンドルは白いのですが、同じカタチでありながら、
金色のバージョンなのです。
我が家でマリオカートWiiで対戦時は、
細君がWiiハンドル、僕がWiiリモコンで
プレイしていたので、ちょうど良いタイミングで
プレゼントされたことに感謝しています。

最初からWiiハンドルを2つ買わなくてよかった〜。

しかし、実際まだ1度も使われていません。

決して、
レアアイテムだから使うのがもったいない、とか、
今度自分の車に取り付けるからゲームには使えないな、とか、
なんだよ、金でできてるのかと思ったら
色が塗ってあるだけじゃないか、ちぇっ、とか、
そういう理由ではありません。

単純に、ゲームをする時間がない。のです。

無理にでもゲームをする時間を確保していた
僕にとって「ゲームをする時間がない」なんて、
本来ありえないセリフなのですが、
これが驚くことに現実にありえるんですね。

決してゲームが嫌いになったわけじゃなく。
1年前の自分からは想像がつかない急激な
ライフスタイルの変化がその背景にあります。

これまで「DS」をプレイしていた新幹線車内では、
ポメラを使ってブログを書くようになり、
これまえ「Wii」をプレイしたりブログを書いたりしていた
食後や風呂上がりには、たっくんの相手をしている
という生活リズムの変化が起こったんです。

当たり前ですが、すべてがたっくん中心の生活。
楽しい毎日です。
たっくんの入浴は僕が9割以上担当しているので、
たっくんの就寝時刻は夜中0時すぎ。
その後でも、今までの僕なら
ちょろっとゲームしてたかもしれませんが、
もはや体力は0に近く、ほとんどなにも
するような気力は残っていません。
やることといえば、せいぜいネットで15分程度、
買い換える車の検討を眠い目をこすりながら
進めるくらい。
(さらっと爆弾発言(笑)詳細はいずれ。)

そんなわけで、ゲームは2の次になるんです。
でも、ゲーム関連のニュースだけはチェックしてますよ。
つまり、ゲーム好きであることだけは、変わりません。

いつか、時間制限をちゃんともうけて(これ大事)、
たっくんとマリオカートWiiの対戦をする日が
やってくるのでしょうけれども、
そのときは、このゴールデンハンドルを
たっくんに譲り託したいと思います(笑)。

なんか、親からの形見みたいですね(笑)。
っていうか、
親の形見がゲームのハンドルって・・・
どないやねん(笑)


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月17日 (火)

09/03/18【OFFER】真野恵里菜『乙女の祈り』作曲

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 09/03/18【OFFER】真野恵里菜『乙女の祈り』作曲
Link: http://sei.lovely.to/blog/005106.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5106

----

過去3曲のインディーズシングルを発売し、
そのすべてにKANさんが作曲という形で提供した
新生アイドル、真野恵里菜さん。

(うちインディーズデビュー曲「マノピアノ」のみ
KANさんは作詞作曲両方で楽曲提供)

1月末に、彼女のメジャーデビューシングル
「乙女の祈り」の発売が発表され、
KANさんも関わってじっくり温めてられきた
「弾き語り系純真アイドル」が、ついに
華開くことに、期待感が増してきました。

決して歌唱力が飛び抜けてすごいわけではない、
いや、どちらかというと難ありなのですが、
純粋なアイドル的オーラがここまで光って
いる人って最近あまりなかったと思います。

インディーズの頃を振り返ってみると、
当時はKANさんが楽曲提供しているから、
という理由だけで、どちらかというと控えめな、
いや、ひょっとしたらあまり大成しないかも?
くらいの評価で成り行きを見守っていた
ような気がします。
(特に「マノピアノ」を初めて聴いたとき)

でも、今や、歌唱力こそまだ昇華の余地が
あるとはいえ、
「アイドル」の素質は十分に備わってきたように思います。
それも、変にバラエティとかに行かない、本当に
純粋なアイドルとして。
先日KANのロックボンソワにゲスト出演された
ときの様子も、
とても対応や反応がアイドルだったようですし。

僕はもう、いろんな意味で年老いているので、
ファンとかそういうところまでは行き着かないと思いますが、
むしろ親のような気持ちで見守る感じで、
応援したいと思います。

KANさんの真野さんへの楽曲提供は、まだ
数曲予定されているそうですので、
そちらも楽しみにしたいと思います。

◇◇◇◇◇

で、先日、デビューシングル「乙女の祈り」、
カップリング「水色想い」の両方を
聴くことができましたので、
印象を少々。

「乙女の祈り」は、正直にKANさん的
純真アイドル像(+事務所の意向)を
汲み取ったカタチだと思われ、
120%純真で無垢なアイドルを
表現しきった作品だと感じました。
サビのメロディラインとかが、
いわゆる「ほぼファ・シ抜き」ですから。
簡単そうに見えてなかなか最近はないですよ、
「ほぼファ・シ抜き」でサビを作り上げるって。
「ほぼファ・シ抜き」の楽曲っていうのは
一歩間違えたら童謡みたいになりますから^^;。
それが、そうはなっていないことに感心。

逆にある反面、正直なところをいうと、
ちょっとメジャーデビューを意識しすぎて
単調すぎる感がなきにしもアラブ。
決して、悪いわけではないんですけど、
むしろインディーズ時代の数曲の方が、
KANさんらしくきこえたような印象があります。

むしろ、個人的には、カップリングの
「水色想い」の方が、印象深いというか。
間奏からの展開とかがおもしろい作りだなあ、とか、
KANさんらしい作り方を反映しているなあ、
とか音楽的に興味深く聴いていました。

そして、メジャーデビューしたらきっと
こうなるだろう、という考えを書いたことが
ありますが、
彼女のデビューを機に、
ニュース等で取り上げられる際に、
KANさんの名前がちゃんと出されているんです。
それが個人的には大変うれしいです。

キー局のテレビで話題にあがっても、
未だに一発屋扱いしかしてもらえない昨今、
(思い出してくれるだけでもありがたいことなのですが)
ふつうに紹介してくれるだけでも、
とても感激なわけですよ、ファンとしては。

というわけで、
彼女の今後のテレビ出演や展開にも、
気を配ってみたいと思います。


乙女の祈り(初回生産限定盤A)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月16日 (月)

たっくんのなまえのひみつ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: たっくんのなまえのひみつ
Link: http://sei.lovely.to/blog/005104.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5104

----

学研の本みたいなタイトルですが。

めずらしくテレビ番組の話から始まります。

土曜日、上地雄輔の半生を振りかぶるドラマがありました。

もともと、彼の純粋さはどこからくるのだろう、と、
現代の澱んだ世の中のなかにたたずむオアシスを見るような
感覚にさえなっていたのですが、
なんだか、その真髄を見た気がしました。

あのドラマがすべてノンフィクションだとすると、
彼の何でも受け入れる透明な心だけではなく、
周囲の人々の「ことば」にも恵まれていて、
それが、あの純粋さを作る重要なファクターに
なっていたのだなあ、と、強く感じました。

じゃあ、お世辞にも純粋とはいえない僕は、
自分自身の心が不透明だから、あるいは
周囲の「ことば」に恵まれていなかったから
こうなったのか、と言われると、「否」。

今になって思えば、僕のことを考えて、
あるいは僕を含めた複数の人のことを考えて
発せられた「ことば」は、
そのときどきに、その場所に、そこにちゃんとあって。
それもたぶん、大量に。

ときに意識的に、あるいは無意識に、
自分がそれらの「ことば」を吸収するチャンスが
あったのにも関わらず、
素直に受け入れ、取り込むという態勢に
なっていなかった、
あるいは敢えて拒否をしていたから、
もったいないことに大切な「ことば」を聴き逃している、
そんな気がしています。

実際、親や先生や友人や先輩・後輩、
その他いろんな方からもらったいろんな言葉のうち、
言われたそのときはちゃんと受け入れきれていなかった言葉が、
今頃になってリフレインして、遅ればせながら
自分の成長の糧になっている、ということが、
1度や2度じゃありません。

たぶん、もはや、言った本人たちは、
覚えちゃいないんだと思いますが^^;

それくらい、さりげなく、
いろんなところに、自分を成長させる「ことば」は
いっぱいあって、
これを素直に、透明な心で受け入れて、
沿う沿わないを自分で判断し、行動することが、
たぶんもっと自分には必要だったのだな、と、
後悔することが多い今日子の五郎なのです。

でも、今からでも遅くない。
そう思って、最近は特に、いろんな「ことば」に
耳を傾け、自分の中で考えるための材料として
積極的に取り入れているつもりです。

我が息子、たっくんにつけた本名は、
実はそんな自分を省みて名付けたのです。
今日は、せっかくちょうど良いきっかけになったので、
たっくんの由来について、書き留めておきます。

名付け&由来を考えたのは僕ですが、
それを一緒に考えて、自信をもって
結論に至らせてくれたのは、細君でした。

【命名の由来】

どんな場面でも、周囲の人や物から得られる
どんな小さな「ことば」をも聴き逃さぬように、
受け入れて、よく考え、
最後は自分自身の「ことば」で
道を切りひらいていって欲しい。

簡単にいえば、
「思いやりのある、心の強い人」
になってほしい。
そういうことになります。

◇◇◇◇◇

もちろん、最後は彼が産まれたときに、
その顔を見てから、間違いない、この子は
この名前が似合っている子だ、と、
確信に変わってから、

実家の家族にも、お伺いを立てた上で、
正式に決めました。
(つまり、本当に、僕ら夫婦だけで、名前を
決めるまで隠し通しました。)

正直に書くと、姓名を通して読んだ音的にも、
画数的にも、バランスが悪くて、
ちょうど良い名前を考えるのが、
相当難しかったんですよ。

そんななかでも、この漢字、この読みは、
奇跡的に、あるいは運命的に
見つかったものなのでした。

紙にも100回以上書いて、
違和感がないかどうか、確認もしました。

実際の出産の前に、
そんな、産みの苦しみを味わっていたのです。

将来、たっくんが、自分の名前の由来を知りたい
と思うときがきます。

そのときに、自信をもってこれらのことを
伝えてあげたいと思います。

名前の通りにならなきゃいけない、とか、
そんなことよりも、
自分の名前に誇りを持ってもらえたら、
と思います。

「上地雄輔」という人間を意識してつけた
名前かというと、別にそんなことはないのですが、
たまたまテレビに映ったその姿は、
たっくんに求めているものに近いような気がしています。

ただ、先生の「ことば」もちゃんと聴いて、
もうちょっと勉強はできるようになって
いただきたい、とは思っていますが(笑)。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月13日 (金)

どんだけナンタル社会人

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: どんだけナンタル社会人
Link: http://sei.lovely.to/blog/005098.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5098

----

最近自宅のPCを触っている時間は、
週合計してもおそらく4時間程度。
嘘のようなホントの話。

1日平均で1時間は触ってないです。ほんとに。

なのに、先週一杯使って書き切った
KANさんのライブレポは、
過去最長の尾形大作になりました。

結論を言うと、
すべて、100円ショップで買った単語帳と
デジタルメモ「ポメラ」のおかげです。

KANさんのライブは、
毎回毎回いろんなネタが仕込まれています。
そのネタを全部探し出すには、
まず、1回のライブでは足りません。
だいたい、3回は見ないと80%も網羅できません。

もちろん、基本的にはステージに集中していますが、
隙間隙間を見つけては、ちょちょっとメモってます。

1回目は演奏曲目と曲間の大まかな注目ポイントを、
2回目は曲中や1回目で見落とした注目ポイントを、
3回目はそのステージ限定で起きたこと以外はメモを取らず。

3回ともステージに目と耳を集中させたいので、
メモも、できるだけ時間を短く、
殴るように書いているので、仕方ないのですが、

それぞれのライブが終わったあと、単語帳に目をやると、
1曲あたり1枚くらいのペースでミミズの這ったような字が
残っていて、読みとれないようなものも(笑)

それらを、毎回、先日購入したデジタルメモ
「ポメラ」にてテキストファイルに書き起こします。

自宅PCでは、そのテキストファイルを多少修正し、
ブログにアップする作業のみ。
場合によっては、ブログへのアップを
携帯電話から行うため、PCを介さない場合もあります。

なので、実際は、
1時間×10日=10時間
くらいかかっているのですが、
そのほとんどをPCなしで行っていたのです。

また、ブログを書く作業を自宅ではなく
通勤時間中に行っていることにより、
自宅ではたっくんと触れあう限られた時間を
ちゃんと遊んであげられるというメリットも。

すべてが、「単語帳×ポメラ」のなせる
賜物だったというわけです。

新幹線車内で、ポメラを開いて単語帳をめくりながら
なにかをひたすらキーボードから入力しているのですから、

傍から見れば、「すんごいインテリ社会人」っぽい。
でも、そうやって書いている内容は、
ネタバレになるから詳しくは書かないですけど、
とてつもなくグッタリする内容ですからね(笑)。
実際のところ、「どんだけナンタル社会人」なのでしょう。

そんなこんなで、ポメラを買っておいて、
本当によかったと思いました。
大阪初日のライブ後にも、サイゼリヤで
「セットリスト思い出し大会」。
ポメラのおかげで整理しやすくまとめやすかったし。

今後もものすごくお世話になると思います。
って言ってるこの文章も、
類に漏れずポメラで書いておりました。

もはや、すっかりポメラニアンです。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月11日 (水)

「LuckyRaccoon」の新しい使い道

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 「LuckyRaccoon」の新しい使い道
Link: http://sei.lovely.to/blog/005096.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5096

----

昨日、「LuckyRaccoon 32」が届きました。

隔月で発行されているので、
もう60ヶ月以上、つまり5年間も
この雑誌を読み続けています。

もうそんなになりますか、
時の経つのは早いものです。

そもそもは、KANさんが記事を連載するから、
という理由だけで買い始めたような気が
しますが、今はいろんな意味でなくては
ならない存在。

どんな意味でなくてはならない存在なのか、
せっかくの機会(?)なので整理してみます。

読むとゆったりほのぼのした気分になれる。

僕にとって、そんな雑誌は「LR」くらいじゃないかな。
そもそも定期購読している雑誌自体ないし。
ていうか、「雑誌」という言葉で括ってしまうことが
申し訳なく思うくらいだし。「雑」ってあまり
プラスのイメージじゃないですよね。
それこそ、読んで和むわけだから、
「和誌」とか。紙みたいですけど(笑)。

もちろん、そんなほのぼのした感じで
自分で作った料理を紹介している
歌って踊るピアノ弾きさんのコラムも、
主たる目的であることは今も同じです。

友達がうちに遊びにきてくれる。

これは一見意味がわからないと思うのですが、
簡単にいうと、こうです。

毎号僕が友人複数人分のLuckyRaccoonを通販で購入し、
金額条件クリアにより、
送料を無料にできるオプションを行使。
で、家に友人が来たときに、まとめて精算して、
それぞれに配布しているんです。

ということは逆にある反面でいうと、
うちに遊びに来なけりゃLuckyRaccoonが読めない。
だから、LuckyRaccoonがあると、
友達がうちに遊びにきてくれるんです。

これって一見、送料無料になるから
お互いにとってプラスになると感じますが、
友人にとってはわざわざ熊谷くんだりまで
送料以上の電車代を払って遊びに来なきゃ
ならないわけで、ぜんぜんイーブンじゃない、
ということでもあるんです。

ごめんなさい、友人のみなさま。
その分、ちゃんと「基本セルフサービス」という
オモテナシでご奉仕させていただきますので。
(ぜんぜん奉仕してない・・・)

新しい使い道?

「ラッキーはあらいぐま」という、
なんともかわいらしくもあり切なくもある、
時には考えさせられる絵本のようなコーナーがあるんですが、
これを、息子のたっくんに、読み聞かせてみました。

たぶん、たっくんにとっては、
パパが大きな声で話してくれているだけで
安堵感を得られるのか、
泣かずに落ち着くみたいなのですが、
読んでいる内容は・・・わりと複雑です。
絵と簡単な文だけの絵本形式なのに、
かなり考えさせられる部分もあります。

でも、読み聞かせているうちに
自分の心もあらいぐまに洗われたようになるので、
結果として、それでOKなのかもしれません。

さて、これが「LR」の新しい使い道になるかどうか(笑)。

◇◇◇◇◇

「LuckyRaccoon」は、音楽ライター森田恭子さんの
責任編集による、隔月発行の雑誌です。
どこの書店にでも並んでいるわけでもないので、
詳しくは、公式サイトにてご確認を。

▼LuckyRaccoonオフィシャルサイト
http://www.luckyraccoon.com/


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月10日 (火)

夜勤明けでインデアンカレーに確定申告

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 夜勤明けでインデアンカレーに確定申告
Link: http://sei.lovely.to/blog/005094.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5094

----

幸せな東京公演2daysがあっという間に終了し、
昨日から普通に仕事の日常です。
しかも夜勤。

今日は夜勤明けでエネルギーも切れ、
どこぞやで補給する必要性を感じました。
そこでふと、
最近西嶋さんも大阪公演前に食べたと
ブログに書いてあったのを思い出し、
急に食べたくなったので、
帰りに東京駅から寄り道してインデアンカレーへ。

あ〜、やっぱりおいしい♪

そのあとは、なかなか行けていなかった
税務署に、確定申告。
出産のため、医療費分の控除が受けられるためです。

しかし、おそるべし熊谷税務署・・・・
なんという、迷路なんだろうか。
一方通行の要塞に囲まれて、
いくら頑張ってもなかなか入口がみつからない(^-^;

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月 8日 (日)

[ネタバレなし]スイスの旅、最終日に向かいます

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ネタバレなし]スイスの旅、最終日に向かいます
Link: http://sei.lovely.to/blog/005091.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5091

----

KAN LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』
初日大阪公演、東京公演1日目への参加を無事に終えて、
現在、僕にとっての最終日である
東京公演2日目に向かう新幹線に乗り込んだところです。

今日の座席は10列目のかなり左の方。
真ん中・右・左と3日間でまんべんなく
楽しませていただける感じですね(^^)

さて、東京公演1日目の内容を受けて、
大阪初日をまとめたライブレポを公開中でしたが、
いろいろ間違えていたり、いろいろ書き足すべき部分が
たくさんあったため、急遽、東京公演1日目の分も
含めて先ほど加筆修正しました。

結果、今までになく重いページになっちまいました(笑)
それだけたらふく堪能させていただきました。
ってことですね(^^)

ネタバレライブレポについては、
すべてライブレポート用エントリー(http://sei.lovely.to/blog/005082.html)に
書かせていただいていますので、
こまめにチャックしてください。
たぶん、今日の東京公演2日目を終えたあとにも
加筆修正するような気がしてなりません(笑)。

今日のオフ会は新橋への移動までしか参加できませんが、
どうぞよろしくお願いします。m(__)m

それにしても、今日はなぜか花粉症がひどい・・・。
マスクが外せませんわ(^-^;

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月 7日 (土)

[ネタバレなし]『じゃぁ、スイスの首都は?』東京公演1日目を終えて

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ネタバレなし]『じゃぁ、スイスの首都は?』東京公演1日目を終えて
Link: http://sei.lovely.to/blog/005089.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5089

----

KANさんのライブツアー「じゃぁ、スイスの首都は?」の
東京公演1日目、行ってきました。

いやはや、
昨日仕上げた大阪初日ライブレポに
いっぱい間違いや追記したいところが
でてきました(笑)

明日以降、
徐々にまた書き足したり修正していきますので
しばしお待ちください。

あと、
今日はオフ会に参加させていただきました。
いつもの皆様にはじめましての皆様、
今日は短い時間でさらに途中で帰ることになりましたが、
大変楽しく過ごさせていただきました。

幹事の元静岡のお嬢さんも、
いつの間にか食事会では司会をすることになりましたが(笑)
場を設けてくださってありがとうございます。

帰宅中の車内からではありますが、
諸々お礼申し上げます。
どうもありがとうございました!m(__)m

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』ライブレポート

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』ライブレポート
Link: http://sei.lovely.to/blog/005082.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5082

----

本エントリーは、

KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』

のライブレポートを記載しています。

また、私SEIが参加する初日大阪公演(2/28)、東京公演2days(3/7、3/8)を中心に

思い出しつつどんどん修正し、積み上げて完成させていきますので、

閲覧される時期によっては、不完全だったり誤っていたりする可能性もあります。

ご了承くださいませ。

詳細や更新履歴は、ネタバレを含みますので、本文のさらにCMの後で。

閲覧の際は、ご自身の責任で、十分注意してごらんください。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2009年3月 1日 (日)

[ネタバレなし]『じゃぁ、スイスの首都は?』初日を終えて

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ネタバレなし]『じゃぁ、スイスの首都は?』初日を終えて
Link: http://sei.lovely.to/blog/005083.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5083

----

はぁ〜、
KAN LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』
初日大阪公演を無事に終えて、
現在帰りの新幹線ひかり370号に乗り込んだところです。

今回もおなかいっぱい素晴らしいステージを
たらふく堪能させていただきました。
ネタバレライブレポについては、
今後、すべてライブレポート用エントリー(http://sei.lovely.to/blog/005082.html)に
書かせていただきますので、こまめにチャックしてください。

あちらには演奏曲目等を先に真っ先に掲載していますが、
この文章を書き終えたら、いよいよライブレポ本編の
執筆開始です。でも、記憶をたどるのが大変困難なくらい、
いろんなことがありすぎました(笑)。
ていうか、メモを取る余裕を与えてくれませんでした(笑)。

で、そんなことはさておき、
ここでは、ネタバレ以外のモロモロについて、
書かせていただきます。

今回の大阪帰省ライブ観戦に伴い、
関西方面のみなさまを中心に、福岡〜名古屋〜東京に至るまでの
懐かしい面々やいつもの面々にお会いできたこと、そして、
長年ずっと消息がわからなかった(笑)rくんにお会いできたこと
(ある意味むしろこれが一番ネタバレだという噂(笑))
私が持って帰ってきたおみやげ、埼玉銘菓「十万石まんじゅう」を
みなさんがおいしいおいしいと言って食べてくださったこと、
すべてがとてもうれしかったです。ありがとうございます。

みなさんとゆっくりといろいろお話することができて、
なんか、あんなにKANさんの話をしたのってとても
久しぶりでした。
とても楽しいひとときを過ごさせていいただきました。

ライブ前後の場所をセッティングしてくださった
おどちゃん、本当にありがとうございます。

昼は少人数ながらいつものメンバーで
あれやこれや妄想予想。
過去の振りかぶりもしましたね。
久しぶりの初日が大阪という状況を
心臓ドキドキビクビクして、でもそんな感覚を噛み締めながら楽しくトークしてみたり。

夜はもはや「神」にさえ見えてきた「サイゼリヤ」。
西から東までいろんな方と、ライブ後の振りかぶり。
さめやらぬ興奮を共有し、記憶をたどりながら
演奏されたセットリストを15人くらいいた全員で
一生懸命思い出す、という、初日ならではの感覚。
なんかとても懐かしかった〜。

しかしまあなんですね〜(こえぴょん風)、
やっぱりああいうときの「サイゼリヤ」は助かります。
ほかの店がじぇ〜んぶ閉まっていても、
あそこだけは23時閉店を守り抜いているという。
東京もそうだったんです。お台場のいろんな店が閉店する中、
あの時間でも余裕をもって開いていたのは、
「サイゼリヤ」だったんですよ。
だから、今回の東京オフ会も、理由は3つあって、
幹事さんには「サイゼリヤ」押しです(笑)

1.居酒屋みたいに酔っぱらいにくいしドリンクバーがある
2.駅から近くて帰り時間が見積もりやすい
3.周囲の店が閉店後も、遅くまで営業している

今後もきっとZepp Osakaの後や、Zepp Tokyoの後は、
「サイゼリヤ」が鉄板になりそうですね(^^)。
(サイゼリヤの回し者か、わしは)

え〜と、今日の大阪公演2日目にも参加する方がいらっしゃいます。
体調には気をつけて、がんばって堪能してきてください♪


そして、最後に実家方面のみなさま、
今回は滞在時間24時間未満という、
超ドタバタ帰省で申し訳ありませんm(_ _)m
次回は夏頃になると思いますが、ちゃんと
ゆっくりと、たっくん付きで家族揃って顔を見せられる予定です。
そのときはまた、お騒がせしますがよろしくおねがいします。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』ライブレポート

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』ライブレポート
Link: http://sei.lovely.to/blog/005082.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=5082

----

本エントリーは、
KAN BAND LIVE TOUR 2009『じゃぁ、スイスの首都は?』
のライブレポートを記載しています。

また、私SEIが参加する初日大阪公演(2/28)、東京公演2days(3/7、3/8)を中心に
思い出しつつどんどん修正し、積み上げて完成させていきますので、
閲覧される時期によっては、不完全だったり誤っていたりする可能性もあります。
ご了承くださいませ。

詳細は、ネタバレを含みますので、本文のさらにCMの後で。
閲覧の際は、ご自身の責任で、十分注意してごらんください。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »