« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

フリカブログ「Architect of Musicの重大ニュース2008」

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: フリカブログ「Architect of Musicの重大ニュース2008」
Link: http://sei.lovely.to/blog/004984.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4984

----

今年も早いもので、1年が終わろうとしています。

ということで、

来年の第1球を投げてストライクがとれるように、

今年1年間を振りかぶる「フリカブログ」

【Architect of Musicの重大ニュース2008】です。

順不同で思いつくままに、書いていきたいと思います。

まずは今年も、2008年目標のおさらいです。

2007年の振りかぶりと2008年の豆腐

▼フリカブログ「Architect of Musicの重大ニュース2007」

▼2008年あけましておめでとうございます!

【2008年の豆腐】

(1)新曲を最低2曲作る

(2)ネットラジオでKANさんカバーを演奏する

(3)来年の今頃も「KAN」のサブキーワードに「SEI」が居られるよう努力する

今年の目標で挙げていた3点のうち、

(1)以外は有言実行できました。

(2)は「セイ櫂谷のセイヤング」の復活と

同時に、KANさんの楽曲を番組中で数曲、

弾き語りで歌詞・コード譜をひっくり返して間違いまくりながら

演奏させていただきました。(上記サイトでまだ公開中)

(3)については、Yahoo!JAPANで「KAN」を検索すると、

関連キーワードで「sei」と出てくることが昨年よりも多くなりました。

本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

(1)の新曲については、あとで出てきますが、現在充電中につき、

むしろ意図的に作品を作っていない、ともいえます。

来年は、もうそろそろなにかしら作る方向に

徐々に向かっていく気がしてなりません。

長男誕生

もう、この1年を漢字一文字で表すならば、

「ねずみ」と「こども」の両方を兼ねた

「子」以外に考えられない、

そんな1年でした。

2月あたりに妊娠が判明し、

おなかの子を「子象さん」と命名。

3月以降、いろんなことに注意しながら

遠征も含めライブを観たりサッカー観戦したりして、

子象さんと過ごしました。

KANさんのライブも良い胎教になりました。

さらに、いつ車を出す可能性があるかわからないため、

僕は約10ヶ月の禁酒を断行、そして達成。

飲み会に行ってもお茶だけ飲んでいる僕に対し、

理解ある職場・友人に囲まれ、非常に助かりました。

ありがとうございます。

出産は予定日より1日遅く、

ちょっと焦り始めていた11月16日19時半ごろ、

KANさんの「50年後も」を聴かせた直後の出来事でした。

陣痛開始から3時間弱での超安産。

とはいえ、逆に早すぎてちょっと焦りました。

「生命の誕生の神秘」なんて活字で表現しても足りないくらいで。

それくらいの不思議な、でも現実の経験。

大切な大切な贈り物です。

その大切な贈り物に愛称が「たっくん」となる

名前を命名したのですが、現在ではそのほかに、

「TAK-KUN(タキューン)」とか

「マイケル・タク○ン」とか「タキューム」とか、

いろんな形態に変化しており、

いったい本名が何だったのかわからない状況です(笑)。

すくすくと育ってもう体重5kgを超え、身長60cm程度。

ちょっとしたダンベルを持って生活してるような感じです。

来年以降も子育てエントリがたくさん登場すると思います。

よろしくお願いします。

あと、実は友人にもお子さんが多く産まれており、

同級生がいっぱいなのもうれしいし心強いです。

今後、同期顔合わせとかもできたらうれしいです(^^)

KAN的出来事

KANさんの今年のツアーは

「NO IDEA」と「弾き語りばったり#7〜ウルトラタブン〜」

の2ツアー。

「NO IDEA」では最終日の東京追加公演が生中継されて

時系列に秒単位で追ってみたりもしました。

「弾き語りばったり#7」は、新潟にも貴重な初遠征。

新曲リリースこそなかったものの、

KANさん初ライブアルバムも発売され、

ファンサイトとして追いきるのが苦しくなるほど、

弾き語りライブに充実した1年を見せていただきました。

最終的にたくさんは見に行けなかったけれど

イベント・フェスには精力的に参加されていました。

中でもラッキーラクーン系の活動はたのしかったです。

「LRN2」ではパイスチュ、「LRN3」ではKAN名義で、

それぞれKANさんらしさが出し切られていて、

「伸び伸び楽しくステージをつくってるな〜」という

のがよく伝わってきました。

「ARABAKI」「本願寺ライブ」「ap bank fes'08」のほか

単身弾き語りライブも多数。

今夜も札幌でカウントダウンイベントのライブだし、

盛りだくさんの1年でした。

「愛は勝つ」が弾き語りとして演奏されたのを

聴けたのも大きい出来事でした。

本人がどこかで「愛は勝つ」はあのドーンとした

勢いが大切で弾き語りアレンジが

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月30日 (火)

KAN meets RK-300

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: KAN meets RK-300
Link: http://sei.lovely.to/blog/004982.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4982

----

KANさんの金曜コラムNo.177で、


楽器メーカー【Roland】の東京オフィスで『Vima RK-300』という新しいエレピの製品パンフレット用の試奏&インタビュー。なんだかスゴイ機能がいっぱい搭載されたおもしろい機種ですよ。このパンフレットは10月下旬くらいから楽器店店頭に置かれるそうなんで、興味のある方はどうぞ。私の写真は例によってなんかヘンな顔のおじちゃんなので気にしないでください。


と書かれていたんですが、なかなか銀座方面に
出かける用事はなくて、いろんなバタバタでパンフレットを
入手することができていなかったのです。

で、ふと、久しぶりに近所の楽器屋さんに立ち寄ってみると、
たぶんこっちでは見かけることはないだろうと諦めていたその冊子が
置いてあったので、持って帰ってきました。

『ピアニストも注目! デジタルピアノ最新事情 その魅力と可能性 プロたちが認める音とタッチ』
と題されたその冊子の中で、【KAN meets RK-300】として見開き2ページ。

内容的には、 たぶんKANさんそれあなた絶対使わないでしょう!という感じの
機能も含めて(笑)、うまいことコメントされていました(和)。

個人的には確かにファミリーユースな電子ピアノで
これほど多機能なものをRolandが出したことに大変意義があると感じました。
いや、アニメ機能の前で演奏しているKANさんは、
なんかこう、違和感がありすぎです(笑)。

KANさんも書いておられましたが、音楽を作る立場的には、
オーディオ録音できるのは、僕もとても嬉しく思います。
そして、本格的なユースとしては限界があるにしても
「オートハーモニー機能」はすごい試してみたい!(完全興味本位)

「例によってなんかヘンな顔のおじちゃん」と自称していますが、
クリーム色のジャケットに青いシャツ、紺色のネクタイ。
そんなにヘンな顔のおじちゃんってことはないですが、
クリーム色のジャケットだから、ちょっと間違うと
そんな風に見えなくもない・・・境界線のセーフ側だと思います(笑)。
人によってはアウト側と捉えられるかもしれませんが^^。

あ、でも、「オートハーモニー機能」のところで
「1人ゴスペラーズ」でも「1人RAG FAIR」でもなく、
「1人クール・ファイブができる!」とコメントしたのは、
かなりアウト側でした(笑)。

という感じで、冊子未入手の方は、是非お読みください。
ちなみに、本体は実勢価格40万円程度だそうです。

関連サイト

Roland公式サイト
VIMA RK-300 :: 製品 :: ローランド【e】http://www.roland.co.jp/products/jp/VIMA_RK-300/index.html

(ここから引用)

ピアノとして最高級の「音」と「タッチ」にご家庭にあるさまざまなコンテンツを組み合わせて、音楽の楽しさが広がります。

VIMA RK-300は88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源、PHA\x{fffd}Uアイボリー・フィール鍵盤などローランドピアノ・デジタルならではの高い基本性能をフル搭載した上に、「アニメ機能」や「オート・ハーモニー機能」を搭載。さらに、音楽CDやテレビやギター/マイクを組み合わせて、ピアノと音楽を思う存分楽しめる、エンターテインメント機能満載のモデルです。

「88鍵ステレオ・マルチサンプリング・ピアノ音源」「PHA\x{fffd}Uアイボリー・フィール鍵盤」などローランドピアノ・デジタルとしての高い基本性能。
CDドライブを装備し、ミュージック・データだけでなく、音楽CDやWAV/MP3といったオーディオ・データも再生可能。
鍵盤を弾くと本体ディスプレイや接続したテレビにさまざまなアニメーションを表示できる新機能「アニメ機能」。
マイク端子を装備、「スライドショー機能」や「歌詞表示機能」でご家庭で本格的カラオケが楽しめます。さらにコード情報入りのVIMA TUNESを活用すれば、新機能「オート・ハーモニー機能」で一人で歌ってもハーモニーが演出できます。
RK-300の演奏はもちろん、接続したマイクやギターの音も一緒にオーディオ録音が可能。
さらにCD作成機能も搭載。

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月29日 (月)

[NMLF]KANファン×スターカラオケ視聴環境×ブロガー≒0?

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [NMLF]KANファン×スターカラオケ視聴環境×ブロガー≒0?
Link: http://sei.lovely.to/blog/004981.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4981

----

ちょっと前に、

KANさんがスターカラオケの番組

『NEW MUSIC LIVE FOCUS vol.18』

に出演するという情報が

KANオフィシャルサイトに掲載され、

番組についてはちょっとだけ調べた限りのことを書きましたが、

そのあと、番組が今月何度も放送されているのにも関わらず、

なかなか放送された内容についての感想だとかレポートだとかが

見当たらず・・・^^;

やはり、

KANファン×スターカラオケ視聴環境×ブロガー

という厳しい条件に当てはまる人は皆無に等しいのかと思うくらいです。

かつてKANさんをスターカラオケの番組で拝見したのは、

KAN LIVE TOUR 2001『Rock'n Roll 39 IN SHIBUYA-AX』

の模様が放送されたときだったと思います。

そう、スチールドラムを叩くフリをして最後には焼きそばが出てくるという、

あの衝撃のライブです。懐かしい・・・。

さすがにリンクはしませんが、そのときの映像は

某巨大映像投稿サイトにアップされていたりします。

まだご存知のない方は、探してみてください。

それはともかくとして、今回の

『NEW MUSIC LIVE FOCUS vol.18』

は情報が全くないというわけではなく、

ピアノ弾き語りで出演していることと、

演奏曲目の一部だけはナントカ探しだせたりしています。

演奏曲目(一部)

・プロポーズ

・50年後も

もしもこれ以上のことをご存知の方が

いらっしゃったら、教えていただけるととても嬉しいです。

残すところは、12月31日の放送のみです。

関連サイト

スターカラオケ

NEW MUSIC LIVE FOCUS スターカラオケ [ clubdam.com ]【e】http://www.clubdam.com/sk/program/newmusic/index.html

(ここから引用)

1980年、90年代を代表するベテランミュージシャンのライブ&トーク番組。長きに渡る音楽活動の中から生まれた音楽観・人生観に迫ります。

今月は、初のライヴ・アルバムをリリースしたばかりのKANが登場。

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月27日 (土)

09/01/02【FM】FM802(大阪)『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井和寿ダブルDJ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 09/01/02【FM】FM802(大阪)『STILL20 YOUR RADIO 802』KAN&桜井和寿ダブルDJ
Link: http://sei.lovely.to/blog/004979.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4979

----

新春早々、大阪ではアツい話題で盛り上がりそうです♪

KANさんと桜井和寿さんのダブルDJ、一夜限りですが復活です!

KANさんのオフィシャルサイトにて告知がありました。

■FM802(大阪)『STILL20 YOUR RADIO 802』

2009年1月2日(金)21:00〜23:00(KAN&桜井和寿のダブルDJ)

FM802 http://www.funky802.com/index.php

もうFM802も開局20周年なんですね、

僕のJ-POPSまみれの人生はFM802の開局と共に始まった

といっても過言の滝川クリステルではありません。

FM802は開局前の試験放送のときから、ずっと聴いていました。

今では当たり前になりましたが、

当時ああいうカッコイイFM局のコールをするジングルはなくて、

こりゃすごいFMが大阪にやってきたぞ!って震え上がったもんです。

KANさんと桜井和寿さんといえば、かつて

FM802『MUSIC GUMBO SUNDAY』で、週替わりDJを担当。

当時の僕は月曜日提出の宿題やら予習やらで、

憂鬱になりながらもその憂鬱を忘れるようにこの番組を聴き、

夜中なのに流れてくる当時の音楽に合わせて一緒に大声で歌ったものでした。

たま〜にダブルDJ企画として、2人で壮絶なエロトークを

繰り広げたりしたこともありました(笑)

今回もやはりエロトーク攻めなのでしょうか(笑)

でも、KANさんも桜井さんも、お互いをリスペクトし合っているという

ことが結構広まってからこうやってダブルDJをするのは

初めてなはずなので、そのへんの深いトークも

期待したいところですね(^^)

とりあえず・・・大阪の妹殿、よろしくお願い致しますm(__)m

(↑やっぱり他力本願)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

今年の重大ニュースはテラバイト級

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 今年の重大ニュースはテラバイト級
Link: http://sei.lovely.to/blog/004978.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4978

----

現在、毎年恒例2008年版の

フリカブログ「Architect of Music重大ニュース2008」を

書きまくっているところなんですが、

なかなか今年は大容量で内容が濃くて、まだうまくまとめきれていません。

ええ・・・今年の重大ニュースはテラバイト級です。

そんな折、某SNSで下記のようなブログパーツがあったので、

やってみました。

▼大人のための科学力検定

一応なんとかテラバイト級でした(笑)。

まだまだ上があるのでそれが何級なのかはわかりませんが・・・。

そんなテラバイト級の重大ニュースは

大晦日あたりにアップできるように頑張っているところです。

ちなみに昨年の重大ニュース2007と、2008年の目標は、以下の通り。

▼フリカブログ「Architect of Musicの重大ニュース2007」

http://sei.lovely.to/blog/004248.html

▼2008年あけましておめでとうございます!

http://sei.lovely.to/blog/004250.html

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月25日 (木)

34歳男が『メリークリスマス♪』って変ですか?

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 34歳男が『メリークリスマス♪』って変ですか?
Link: http://sei.lovely.to/blog/004975.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4975

----

以前から、悩んでいることがあります。
もうかれこれ7年くらい悩んでいるかも。

それは、
いわゆるネット上の「句点」の表現。

文章や文節の終わりなどに、
ふつうのとき、まじめなときは「。」、
笑いを伴うものには「(笑)」、
爆笑するほどのものには「(爆)」、
照れや焦りや恐縮を伴うものは「(^^ゞ」、
感謝、お詫びを伴うものは「m(__)m」、
感情を強調したい場合などは「!」「!?」
にこにこしてるときは「(^^)」「(^_^)」「♪」
などなど、わりとネット上の古い文化
つまり時代遅れの文化でやってます。

そのなかでも、ずっと苦悩しているのが、
まじめでふつうなので「。」なんだけど、
「。」じゃああまりにも素っ気ないなー、
というときと、
笑いを伴うので「(笑)」なんだけど、
それじゃあなんだか相手を小馬鹿にしてそうだな、
というとき。

つまり、まじめと笑いの中間を表すものが
あまりしっくりくるものがなくて困ってました。
なごやかな感じを出すために、
「ー。」とか「〜。」とか、伸ばす記号を
付けてみたりもしたけれど、それもなんだか
失礼な感じがして・・・ということもありました。
今は「(^^)」「♪」っていう表現も使っていますが、
徐々に年齢的に厳しくなってくるでしょう。

今ふつうに使われてる「w」は、
個人的にはあまり似合わないし、
見るのは抵抗ないけど、自分で使うのはちょっとイヤ。
(発祥はもっと前だけど、最近流行ってるのは某巨大掲示板が発端ですしね)

じゃあ、自分で作るか。ということにしました。

(笑)とか(微笑)というほど笑っていないけど、
「。」ですませてしまうような冷たい感じでもない。
でも、こう、なんだか、ほんわかとなごやかな雰囲気。
これを文末で表現したいんですよ。

なごやか。

名古屋か。(違)

和やか。

ん!これだ。

(和)。

これでどうですか、木村さん(誰にきいてんだ)。

よし、とりあえず使ってみよう。

今日の天気はとってもさわやかですね。
今日の天気はとってもさわやかですね(笑)
今日の天気はとってもさわやかですねw
今日の天気はとってもさわやかですね!
今日の天気はとってもさわやかですね(^^ゞ
今日の天気はとってもさわやかですねm(__)m

どれもしっくりこないときに、

今日の天気はとってもさわやかですね(和)

うん、いいんじゃないですか?木村さん。

メリークリスマス!
メリークリスマス(涙)
メリークリスマス(^^)
メリークリスマス(*^_^*)
メリークリスマス♪

どれもちょっとなーというときに、

メリークリスマス(和)

うん、いいんじゃないですか?木村さん。
なんか落ち着いた感じで。
キリスト教なのに和風ってとこがまたいい。
(いや、この場合は(^^)とか♪でいいだろ、
というツッコミは自分でやっておきます)

よし、これ、レパートリーに入れましょう!
和やかな感じを出すために「(和)」。
KANさん好きな人ならなお一層良しですね(和)

でも、使いすぎは和やかさが台無しになるので、
ほどほどにしておきましょう・・・。

ここぞというときに、出していきたいと思います。
皆さんも是非どうぞ(和)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

[STV-Rクリスマスチャリティ]演奏曲目&感想ブックマーク

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [STV-Rクリスマスチャリティ]演奏曲目&感想ブックマーク
Link: http://sei.lovely.to/blog/004973.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4973

----

本日札幌・STVホールで行われた
KANさんの出演されたクリスマスライブ
『第34回 STVラジオ・チャリティ・ミュージックソン2008 「クリスマス・チャリティライブ」』
の演奏曲目を記載します。
ちなみに、私は参加していませんので
人づての情報です。

誤り等ありましたらご指摘願いますm(__)m


演奏曲目
01.KANのChristmas Song
02.何の変哲もないLove Song
03.愛は勝つ
04.今年もこうして二人でクリスマスを祝う
ex.きよしこの夜(ピアノインスト)

(出演者全員)White Christmas


【KANのChristmas Song】では、
フランス移住前のライブハウスツアーや
浜離宮(ハマリQ)でのクリスマスコンサートの
アンコールでも登場した頭の上に
アフロヘア&クリスマスツリー
が登場したそうです。
あれを電飾含めて持って行ったのですね(笑)

その他、【何の変哲もないLove Song】では
演奏前の発声練習ネタ、
【愛は勝つ】でも客席との歌入り練習、
曲終了後『イノセントワールド』と紹介するなど、
新しいネタが仕込まれていたそうです。

【きよしこの夜】は、
先日の東京丸ビル(クリスマルチューブ)同様、
ピアノ高音部分を使ったかわいいインスト。

素敵なクリスマスイブになったみたいです(和)。

そして、感想ブックマークも、見かけ次第、
以下に貼り付けていきたいと思っています。


感想ブックマーク
はてなブックマーク - kan-informationのブックマーク - STV-Rクリスマスチャリティ【e】http://b.hatena.ne.jp/kan-information/STV-Rクリスマスチャリティ/

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月23日 (火)

3rd Album『My song Your song』/いきものがかり

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 3rd Album『My song Your song』/いきものがかり
Link: http://sei.lovely.to/blog/004972.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4972

----

2006年春、電報のCMで耳にして「一”耳”惚れ」して以来、

アルバムは必ず買っている【いきものがかり】。

3rdアルバムが明日発売されるのですが、

これまた僕の12弦ある琴線(イメージ)を全部鳴らす作品です。

いや、僕が打楽器だったとしても、心を打ち鳴らしまくる作品なんです。

「昭和から平成の日本語歌謡のツボを押さえた懐かしくも新しいポップス王道の楽曲」

このスタイルをメジャーデビューしてからも変えずに

続けているところも、好感が持てます。

あちこちタイアップされているのも、幅広い層に耳に馴染みやすい

からなんでしょうね。紅白出場も納得です。

そして、作詞作曲を自分たちでやりきっているのも、

同時に好感が持てます。

つうか、水野氏のメロディセンスや、

ベタで常套手段ながらも巧みでしつこくないコード進行は

僕がこういうの作りたいんだよな〜!というワザとかが

ふんだんに盛り込まれていて、大変参考になります。

「帰りたくなったよ」は、映画を見てなくても涙出そうになるし。

もちろん、aikoのアレンジャーでもおなじみの

島田昌典さんの編曲により、一層涙腺刺激効果がにじみ出てます。

そんなわけで、いきものがかりは、KANとRAG FAIRとaiko以外で、

数少ない、意識的に全アルバム作品を揃えているアーティストなんです。

関連サイト

Amazon

My song Your song

収録曲目

いきものがかり オフィシャルサイト【e】http://www.ikimonogakari.com/

01.「プラネタリウム」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:田中ユウスケ、湯浅篤 弦編曲:岡村美央

(NHKドラマ8「キャットストリート」主題歌[2008年8月〜9月])

02.「気まぐれロマンティック」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:江口 亮 弦編曲:クラッシャー木村

(フジテレビ系火曜9時ドラマ「セレブと貧乏太郎」主題歌[2008年10月〜])

03.「ブルーバード」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:江口亮 弦編曲:クラッシャー木村

(テレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト- 疾風伝」オープニングテーマ[2008年4月〜])

04.「スパイス・マジック」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:西川進

(携帯小説「恋するコンビニ」コラボレーションソング)

05.「かげぼうし」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:田中ユウスケ、湯浅篤

06.「帰りたくなったよ」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:島田昌典

(映画「砂時計」主題歌/「アイフルホーム」CMソング)

07.「message」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:中村タイチ

(Nintendo DS ゲームソフト「大合奏!バンドブラザーズDX」CMソング)

08.「Happy Smile Again」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:菅原弘明

(NHK「スタジオパークからこんにちは」番組テーマ曲[2008年4月〜])

09.「くちづけ」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:西川進

10.「僕はここにいる」

作詞/作曲:吉岡聖恵 編曲:渡辺善太郎

(めざましテレビ「わんこ THE MOVIE 2」主題歌)

11.「プギウギ」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:渡辺善太郎

12.「幻」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:常田真太郎

13.「心の花を咲かせよう」

作詞/作曲:山下穂尊 編曲:島田昌典

(第87回全国高校サッカー選手権大会[12/30〜1/12]応援歌)

[bonus track]

14.「帰りたくなったよ -acoustic version-」

作詞/作曲:水野良樹 編曲:中村タイチ

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

08/12/22-25【FM】J-WAVE(東京)『BOOM TOWN』ゲスト出演

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 08/12/22-25【FM】J-WAVE(東京)『BOOM TOWN』ゲスト出演
Link: http://sei.lovely.to/blog/004971.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4971

----

12月22日から12月25日まで、J-WAVEでは
KANさんがBOOM TOWNの1コーナー
「TOYOTA Drive Your Dreams LIVE THE LIFE」に
10分ずつゲスト出演。

ただ・・・。

熊谷の自宅でタイマー録音してみたけど、
昨日帰宅後確認してみたらば、
やっぱり、予想通り。

「サァァァァァァァー」。

昼間のJ-WAVEは我が家に届かないっ!!!

以前平井堅氏とのお正月番組が聴けたということから、
夜のJ-WAVEは届いてたのは、記憶に新しく。
しかし、昼はAMだけじゃなく、FMも聴こえにくくなったりするもんなんですかね。
まあ、ムリなものはしょうがない。諦めましょう。

・・・なので、ホームページをチャックしてみたら、
一応、編集後記が載っていたのでそれでガマン。
東京方面の友人等で、録音している方、
レポっていただければ幸いです(笑)。

相変わらずの他力本願ですみません^^;

関連サイト


J-WAVE BOOM TOWN
J-WAVE WEBSITE : BOOM TOWN【e】http://www.j-wave.co.jp/original/boomtown/live/contents.htm

(ここから引用)

★ゲストコーナー
「TOYOTA Drive Your Dreams LIVE THE LIFE」
今週のゲストは、シンガーのKANさん。
ライフストーリーそして、夢を伺います。

【KANさんプロフィール】

▼本名:木村 和(きむら かん)
1962年福岡県出身。
▼1987年アルバム「テレビの中に」でデビュー。
90年に発表したアルバム
「野球選手が夢だった」に収録されていた
「愛は勝つ」で、91年日本レコード大賞を受賞。
▼2002年に渡仏。
パリ・エコールノルマル音楽院で
クラシックピアノを学び直し04年に帰国。
▼2008年11月に
自身としては初めてのライブアルバム、
『弾き語りばったり#7
〜ウルトラタブン〜全会場から全曲収録』
をリリース。

2008.12.22(MON)
【編集後記】

自分の性質として、基本的に小さい頃から
「おふざけ&ちゃかし」ばっかりですが、
ピアノの弾き語りはおふざけ抜きで、
本物のアーティストになるための試練だと思っている。

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月22日 (月)

たっくん生誕1ヶ月経過

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: たっくん生誕1ヶ月経過
Link: http://sei.lovely.to/blog/004969.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4969

----

11月16日に子象さんこと
長男「たっくん」が生誕して、
もう、うめだ1花月を経過しました。(←わかりにく!)

12月15日(月)には生後1ヶ月健診、
12月18日(木)にはお宮参り、と、
1ヶ月の節目近辺のイベントも無事終了しました。
12月20日(土)には友人のおねえさま方が
たっくんに会いにきてくださいました。
(その節は遠いところをありがとうございます!)

そんな快調に人生をよちよち歩きしだしたたっくん。
長かったような短かったような。
それだけ濃密でアットいう間の日々でした。

12月15日の生後1ヶ月健診でも、
目立って悪いところはなく、とりあえず、
無事に育ってくれていてほっとしています。

体重はすでに4,000gを軽々突破。
母乳の飲みっぷりも特に問題ない模様です。

むしろ、30分くらい飲み続け、
満腹になって眠くなるまで飲むのをやめない、とか、
特に夜中は、飲み終わったら4時間くらい寝っぱなし、とか。
(1日1回はどこかにぐずるタイミングがありますが)

そんな食欲旺盛なたっくんが逆に心配でしたが、
それも問題ない、とのことでした。

だいたい、たっくんの性格とか癖とか、
喜ぶこと、泣くこと、その他諸々わかってきました。
ただ、きっと、人並みはずれた特徴というわけではなく、
赤ん坊ならだいたい標準的なんだとおもいます。

(1)着替え、おむつ替えは、寒いから大嫌いでぐずる。
 →たぶん、人一倍寒がりだと思います。
  デロンギヒーターで22度くらいに保っていて、
  そんな部屋でも「脱ぐ」行為が大の苦手。
  で、ドライヤーで遠くから温風を当ててあげると、
  ほほえんだような顔になり、完璧に泣きやみます。
  明らかに寒がり。
  でも、乾燥しすぎても赤ん坊にはきついので、
  あまりドライヤーの風を当て過ぎちゃいかんため、
  加減して気を付けて使う必要があります。

(2)ぐずった時の対処で効果が高いのは「廊下の散歩」
 →ふつうに揺らしてもだめ。歩いたときのカクンという
  ちょっとした振動がお好きらしいです。
  そして、廊下くらいの暗さが落ち着くようです。
  どんなに泣いていても、完全といわないまでも、
  かなり落ち着いてくれます。

(3)僕の歌声は子守歌になるらしい
 →特に、腹式呼吸がちゃんとできているときには、必ず
  腕の中で寝る。ある種自分の歌唱方法のバロメータ。
  あのおなかの振動がたっくんに伝わって心地よいのかな。
  ちなみに、荷馬車で連れていかれる歌詞で有名な
  「ドナドナ」が一番眠りやすいらしいです(笑)。
  たっくん、このままじゃ荷馬車に連れていかれるぞ。

(4)揺れる系のツールに適応しているらしい
 →子守帯、スウィング機能付簡易ベッド、車など、
  揺れのある場所ではいやがらず、
  簡単に落ち着いてくれるようです。
  先日ロアンジュを購入したのですが、
  あれは人によって向き不向きがあり、
  嫌がる子供もいると聞いていたので、
  多少心配していたのですが、いざ使ってみたら
  何の問題もなく。
  でも、基本食いしん坊なので空腹には全く勝てず、
  一旦空腹だと認識すると一気にギャン泣きに激変。

(5)大きな物音に動じない
 →検査の結果、聴力には問題ないらしいが、
  掃除機などの大きな物音にはまったく動じない。
  寝てる間でも何の問題もなく炊事掃除洗濯可能。
  でも、基本食いしん坊なので空腹には全く勝てず、
  一旦空腹だと認識すると一気にギャン泣きに激変。
  (二回目)

(6)お風呂はどうやら基本的に好きらしい
 →生後間もない当初、入浴でギャン泣きしていたので
  暖めた浴室で入浴するようになってからは、
  ほぼ泣かないようになりました。
  むしろ目をパッチリ開けて気持ちよさそうにします。
  でも、基本食いしん坊なので空腹には全く勝てず、
  一旦空腹だと認識すると一気にギャン泣きに激変。
  (三回目)

こんな感じで、日々にぎやかにやっています。
結果的に育児日記未満の内容ですが、
これからもいろいろと書いていくと思われます。

そんな記事に出くわした際は、
ご自由におつきあいくださいませ。

次回はたぶん、本名は明らかにしないまでも、
命名の理由とかを書くかと思います。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

Wiiウェア『レッツキャッチ』/セガ

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: Wiiウェア『レッツキャッチ』/セガ
Link: http://sei.lovely.to/blog/004968.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4968

----

たっくんを抱っこしてあやすときは、
大抵左腕に頭を乗せ、右腕を添える感じ。

左腕は筋肉痛になるほど鍛えられます。
と、じゃあ右腕は?ってことに気づき。

う〜ん、右腕を無駄にしない方法、なにかないか?
そんなとき、Wiiウェアに『レッツキャッチ』なる
ソフトが配信されたことに気づきました。

Wiiは基本的に片手で遊べるゲーム機だとはいえ、
たいていポインタ操作はちゃんと画面見ながら細かく
操作することになるので、抱っこしてあやす動作が
おぼつかなくなってしまいます。
(抱っこしながらゲームするなというご指摘はまあおいといて)

でも、『レッツキャッチ』なら、
基本的に細かいコントロールなしで右手を振るだけ。
子供を抱っこしてあやす動きを止めることなく、
むしろその揺れの反動を利用して投げる動作を
可能にする、なんともすばらしいゲーム(笑)。

ついでに、投げるときの微妙な振動が
たっくんのα波を誘発させているようです(笑)。

Wiiウェア『レッツキャッチ』は、
Wiiショッピングチャンネルにて配信中。
たっくんの産まれる4日前にしお子さんを出産した
yさん家には、Wiiウェアのプレゼント機能で
なかば強制的にお贈りしておきましたので、
ご確認ください(私信)。

と、なんだか勝手に育児時の話しか書いていませんが、
ネット上であまりレビューが書かれていなかったので、
購入を考えている方向けにも簡単なレビューを。

確かにゲームとしては、必ずしも「やりこみ度」が
高いわけではないと思います。
たぶんクリアまでの時間もきわめて短いでしょう。
でも、ストーリーモードにはあったかさを感じます。
友達とかとパーティーゲームとして使うこともできます。
1000Wiiポイントのソフトとしては十分かと。
子供の頃、父親とキャッチボールしたときの
懐かしい気分になりました。
(当時の僕は暴投だらけでしたが(笑))

僕自身、実際のところはあのときのように公園で子供と
キャッチボールが出来るようになるのが夢です。
でも、天候やその他都合でなかなかそうもいかない場合、
2人プレイでこれをやると、
それっぽい気分が味わえなくもない、かも?

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月20日 (土)

09/01/20【楽譜】kmp『ピアノ弾き語り KAN LIVE 弾き語りばったり#7〜ウルトラタブン〜 全会場から全曲収録』

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 09/01/20【楽譜】kmp『ピアノ弾き語り KAN LIVE 弾き語りばったり#7〜ウルトラタブン〜 全会場から全曲収録』
Link: http://sei.lovely.to/blog/004965.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4965

----

最近の仕事・家事・育児でスルーしてしまいそうになりましたが、

なんと、あの『弾き語りばったり#7〜ウルトラタブン〜』の弾き語り楽譜本が

発売されることがしれっと発表されていました。

タイトル的にはライブアルバムCDがモチーフになっているようですが、

あの『弾き語りばったり』で演奏されたまま収録されるのであれば、

あのアレンジが自分で再現できるということですから、

それはそれは相当ありがたい楽譜になります。

まさかミスタッチまで再現されてたら・・・(爆)

・・・と、期待感10倍で待っていると、

原曲をデフォルメした譜面だったりして落胆することもありますので、

そこそこの期待感で待つことにしようと思います。

関連サイト

KANオフィシャルサイト

KAN オフィシャルウェブサイト - www.kimuraKAN.com【e】http://www.kimurakan.com/

(ここから引用)

■ばったり7 ピアノ弾き語り楽譜本 発売予告

『ピアノ弾き語り KAN LIVE 弾き語りばったり#7〜ウルトラタブン〜 全会場から全曲収録』が発売されます。

発売予定日:2009年1月20日 価格:2,300円(税抜)

発売元:楽譜出版(有)ケイ・エム・ピー

http://www.kmp.co.jp/index_top.html

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月19日 (金)

09/02/25【DVD】Live & Documentary DVD『Bank Band with Great Artists ap bank fes’08』

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 09/02/25【DVD】Live & Documentary DVD『Bank Band with Great Artists ap bank fes’08』
Link: http://sei.lovely.to/blog/004963.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4963

----

(このエントリーは編集中です。)

KANさんも出演された『ap bank fes’08』のDVDが
ようやく発売決定しました。


ap bank fes’08
http://www.apbank-ecoreso.jp/08/dvd/index.html

(ここから引用)

Live & Documentary DVD
「Bank Band with Great Artists ap bank fes'08」【発売日】2009年02月25日(水)
【価 格 】¥6,800(税込) TFBQ-18096
【内 容 】DVD3枚組+約100ページ写真集&ブックレット付き/デジパック仕様予定
【収録予定時間】約400分(ライブ約340分+ドキュメンタリー約60分)
【その他】3枚組/Disc1,2,3:片面・2層/MPEG-2/COLOR/STEREO/リニアPCM /複製不能/16:9/NTSC 2

DISC 1
よく来たね / Bank Band
世界が今夜終わるなら / GAKU-MC
Documentary 1
Water Me / BONNIE PINK
受け入れて / 一青 窈
星になれたら(cover song of Mr.Children) / 大橋卓弥(from スキマスイッチ)
everyhome / 鬼束ちひろ
Documentary 2
大切なもの / AI
ワンダフルワールド / ゆず
名もなき詩(cover song of Mr.Children) / ASKA
YAH YAH YAH / ASKA
Documentary 3(伊藤由奈 Special Live)
Feature Artists
ハミングバード / Caravan(Feature Artists)
Mirror feat. Salyu / WISE(Feature Artists)
パノラマ / ヨースケ@HOME(Feature Artists)
Extra track Dialogue 1 eco-reso + talk

DISC 2
Documentary 4
風に乗る船 / Salyu
友達の詩 / 中村 中
ロマンスの神様 / 広瀬香美
Documentary 5
優しい歌 / Bank Band
何の変哲もないLove Song / KAN
プラネタリウム / 大塚 愛
Remember / RIP SLYME
Tomorrow never knows(cover song of Mr.Children) / 小田和正
たしかなこと / 小田和正
はるまついぶき / Bank Band
Documentary 6
Band Act
もっと遠くへ / レミオロメン(Band Act)
ストレンジカメレオン / the pillows(Band Act)
VERB / GLAY(Band Act)
Extra track Dialogue 2 つながる地球

DISC 3
Documentary 7
Jupiter / 平原綾香
ため息はCO2 / KREVA
Documentary 8
Hello, Again 〜昔からある場所〜 / My Little Lover
手をつなごう / 絢香
あなたと / 絢香× コブクロ
蕾 / コブクロ
裏切り御免 / The THREE(布袋寅泰×KREVA×亀田誠治)
POISON / 布袋寅泰
緑の街(cover song of Kazumasa Oda) / Bank Band
ラララ / Mr.Children
HANABI / Mr.Children
フェイク / Mr.Children
掌 / Mr.Children
GIFT / Mr.Children
Documentary 9
to U / Bank Band With Great Artists & Mr.Children
END ROLL
Extra track Dialogue 3 星を感じて暮らすこと

DVD 参加アーティスト(出演順)
伊藤由奈、Caravan、BONNIE PINK、一青 窈、大橋卓弥(from スキマスイッチ)、鬼束ちひろ、AI、ゆず、ASKA、レミオロメン、WISE、Salyu、中村 中、 広瀬香美、KAN、大塚 愛、RIP SLYME、小田和正、the pillows、ヨースケ@HOME、GAKU-MC, 平原綾香、KREVA、My Little Lover、絢香、 絢香×コブクロ、コブクロ、布袋寅泰、GLAY、Mr.Children、Bank Band
※本作の収益金は、ap bank を通じて、環境プロジェクトの為に使われます。

(ここまで引用)


KANさん出演収録部分は

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月17日 (水)

[ラララ-ソソソ]典型的アイドルポップス

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ラララ-ソソソ]典型的アイドルポップス
Link: http://sei.lovely.to/blog/004956.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4956

----

KANさんが作曲提供した12/13リリース、
真野恵里菜さんの『ラララ-ソソソ』の感想です。

【典型的アイドルポップス】、いや、そんなに単純に
済ませてはならない要素がたくさん詰め込まれた
切ないポップス。そう思います。

わかりやすいところで、誰もが唸るのは
『ラララ-ソソソ』という曲名が、サビの歌詞として使われたときに
「情景描写」として一気に視界が拡がっていくような効果があり、
絶妙な部分に使われているという点。

そして、ほんとに『ラララ』と『ソソソ』は、
メロディーも階名でいうところの『ラララ』『ソソソ』になっている点。
この部分は歌詞が先だったのか曲が先だったのか、
はたまたタイトルが先だったのか、興味深いです。

たとえばKANさんの名曲『Songwriter』でいえば
サビの後半の『ラララーラララーラ』という部分が
階名も『ラ』だけで出来上がっているか?
というと実際は『ソソソーラファミーファ』であり、
歌詞は『ラ』と歌いながらも『ラ』は1つしか出てこない。
そういうことです(なんと強引な)。

わかりました、じゃあもうひとつ。
たとえばKANさんの名曲『まゆみ』でいえば
Aメロ最初の『まゆみ』という部分が
階名も『マ』『ユ』『ミ』になっているか?
というと実際は『ミミソ』であり、
歌詞は『マユミ』と歌いながらも
『ミ』じゃないところが『ミ』になっていて
『ミ』であるところが『ミ』になっていない。
そういうことです(もはや意味不明)。

歌詞は【三つ編み】がキーワードで、
ほどけたりほどいたりすることで感情も表現。
こういう巧みな歌詞に最近とても飢えています。
三浦徳子さんだからこその歌詞を味わえます。

前奏・間奏・後奏で使われている後半のコード進行が
実はなんとなくミスチルの「tomorrow never knows」
っぽいのもご愛嬌。

Aメロは難しいリズムはなく8分音符中心で頑なに構成されているのに、
サビはこれも頑なに「ターンタターンタターン、タタタタ」の繰り返しで攻める、
というのも、単純そうな構成に見えて、すごく難しいはずです。

もっというと、AメロとA’メロは、まったく同じように見えて、
実はA’メロのコード進行はとてもいじってあってこれまた絶妙。
サビのコード進行も、前半は王道ポップス的に降りていくも
後半は日本人の琴線に触れる系のコードで感情を吊り上げる。

なによりすごい、と思うのが、
Aメロの最初のメロディーと
サビの最後のメロディーが
全く同じってことです。
これは両方の歌詞に【三つ編み】を入れていることから
完全な計算なんだと思います。
なかなかすんなりとできることじゃないです。

また、ピアノ部分を聴いていると
たとえばAメロの8分音符連打は
【4つめと8つめはテヌートでそれ以外はスタッカートで!】
とか指導受けてたんだろな〜って
想像できるような仕上がりです♪

全体的に真野さんの声にめちゃマッチした曲調で、
歌詞も純粋な女学生(古い言い方だ)にしか歌えない。
やっぱりこれ、真野さんにしか出せない味だなあ、と
聴き入ってしまいます。

でも、これを作曲したKANさんが歌うと、
実は「松本いや」の「センチメンタル17歳」ばりに似合いそうなきも
しなくもない(笑)

でも個人的に感じた印象は
若かりし頃の斉藤由貴かな?

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月15日 (月)

[スイスの首都]追加公演は中途半端な平日で

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [スイスの首都]追加公演は中途半端な平日で
Link: http://sei.lovely.to/blog/004957.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4957

----

KANオフィシャルサイトで、
バンドライブツアー『じゃぁ、スイスの首都は?』
の追加公演の日程が発表になりました。

いや、追加公演があるだろうことは
容易に想像がついたのですが、
追加公演っていうくらいだから、
福岡公演よりもあとの土日なんだとばかり
思っていて、頭の中で予定を調整していました。

ですが、ふたを開けてみると、
えらいツアー期間途中に挟まれていました。
しかも平日。

----------------------
- 3月25日(水) -
追加公演
ZEPP OSAKA(大阪)
(開場18:00 / 開演19:00)
料金:6,300円
(別途ドリンク代500円)
一般発売:2月7日(土)
【GREENS】
06-6882-1224
----------------------
- 3月27日(金) -
追加公演
ZEPP TOKYO(東京)
(開場18:00 / 開演19:00)
料金:6,300円
(別途ドリンク代500円)
一般発売:2月1日(日)
【FLIPSIDE】
03-3466-1100
----------------------

さて平日都合がうまいことつきますかね、
ていうか、チケットとれますかね?(^-^;

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月13日 (土)

[クリスマルチューブ]演奏曲目&感想ブックマーク

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [クリスマルチューブ]演奏曲目&感想ブックマーク
Link: http://sei.lovely.to/blog/004953.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4953

----

今現在たっくんを抱きながら

『今年もこうして二人でクリスマスを祝う』

を子守唄に歌っていますので、

当然参加できなかったわけですが、

本日東京・丸ビル・マルキューブで行われた

KANさんの出演されたクリスマスライブ

『Bright Christmas Special Live』

の演奏曲目を、念のため、CMのあとに記載しておきます。

(今後もクリスマスイベントが控えているための配慮です。ご了承ください。)

今回も、昼間にはフルセットのリハーサルがあったようですね。

毎度おなじみ「1イベントで2度おいしい」というKANさんのパターンです。

そして、クリスマルチューブの感想ブックマークも以下に作っておきます。

感想ブックマーク

はてなブックマーク - kan-informationのブックマーク - クリスマルチューブ【e】http://b.hatena.ne.jp/kan-information/クリスマルチューブ/

演奏曲目は↓CMのあとで

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

08/12/12【BS】WOWOW『シャ乱Q結成20周年記念LIVE』ライブ抜粋OA

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 08/12/12【BS】WOWOW『シャ乱Q結成20周年記念LIVE』ライブ抜粋OA
Link: http://sei.lovely.to/blog/004952.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4952

----

WOWOW無料15日間お試しをこのタイミングで使って、
KANさんが出演した『シャ乱Q結成20周年記念LIVE』の模様を
観ることができました。

参加されたみなさんのライブレポートを読んでいると、
実際のライブは全体にもっとアイドル歌番組っぽい感じになっていたというので、
OAでももっとアイドルユニットだらけの番組になるかと想像していたら、
セットリストと見比べてみると、ハロプロ系の楽曲はかなりカットされているようでした。
真野恵里菜さんの「マノピアノ」がカットされていたのはちょっと惜しかったかな。
でも、シャ乱Qの温かいヒット曲を満載にしてくれたので、
大変いいバランスに仕上がっていて、よかったです^^。

結構シャ乱Qの曲は好きなのが多くて、
そもそも奥さんがファンやってましたから、CDもそろってて^^。
で、僕が一番好きなシャ乱Qの曲は『空を見なよ』。
なんとアンコールのエンディングで演奏されました。
すごい良かったです♪
でもほとんどのシャ乱Qの楽曲はキーが下げられていました。
まあ、これはきっとしょうがないんですよね。

ちなみに、番組を観るまで知らなかったのですが、
光田健一さんもサポートキーボーディストとして参加されてました。

ライブ全体の印象はさくっとそんな感じで、
中心となるのはKANさんの出演OA部分にクローズアッペ。

ちなみに、番組ではいろんなトークがカットされていることを
ご了承ください。

KAN登場

つんく♂+黒沢健一で『KNOCKIN' ON YOUR DOOR』を演奏した後、
KANさんを呼び込みます。

すでに笑いながら登場。本人が金曜コラムで曰く「ヤング・ジョンのヅラ」を被って
「ビートルズ武道館公演初日の衣裳と酷似したスーツ」に
赤いシャツ、そして、高橋諭一さんに借りた
「ジョン・レノンが武道館で演奏したものと同じ【Epiphone Casino】」を
かなり高い位置で抱えながら。そして通訳役を連れて(笑)。


<K>This is John Lennon. I'm comming back after 42 years in Budokan. Hello Japan.
<通>日本の皆さんこんにちは、ジョンレノンです。42年ぶりに日本に帰ってまいりました。

<K>Congratulation of the 20th anniversary of SHARAM Q, I have congratulation.
<通>シャ乱Qの皆さん20周年おめでとうございます。

<つ>・・・KANさんですよね?

<K>No, No, I'm John Lennon.

<つ>日本語わかってますよね?

<K>Oh...I'm Zenzenwakarimasen !
(いや、ぜんぜんわかりません)

(一同、(笑))→ここで多分内容カットされてます

<K>So, I'd like to sing a song of The Beatles.
<通>私はこれからビートルズの曲を歌いたいと思います。

<K>Just to say, I was singing at Budokan in 1966.
<通>66年この舞台で歌った歌を歌いたいと思います。

<K>This song is called

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月12日 (金)

世界でいちばんすっきりした人

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 世界でいちばんすっきりした人
Link: http://sei.lovely.to/blog/004950.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4950

----

CDではなく、iPodではありますが、
久しぶりに、オリジナルの
「世界でいちばん好きな人」を聴いています。

最近なにかと、あちこちのライブイベントで
KANさんが演奏されたこの楽曲。
その過程で、原型のきわめてシンプルな
譜割やアレンジから遠ざかり始めているのも
もちろん認識していました。

が、あらためてオリジナルを聴きなおしてみると、
ここまで原型から離れているとは思わなかった、
オリジナルはこんなにすっきりした曲だったんだ
と再認識しました。

以前、私が書いたこの楽曲についてのレビューで
”跳ねないリズム”や”8分音符で貫くメロ”を
むしろ斬新で心地よいという風に書いたことが
ありますが、

あれからもうすでに2年経過し、
いろんな場所で演奏されていくうちに
KANさん自身があれこれ影響されたというように、
まるでいろんなN極S極に引き寄せられて、
”跳ねるリズム”や”16分音符を加えたメロ”になり、
我々にいろんな顔を見せてくれるようになりました。

でも、毎回同じように崩れていくのではなく、
原型はあくまで原型として、芯のようにしっかり存在し、
季節や雰囲気に順応してその場その場でいろんな色に
変化して演奏される、あえてひとことでいうなら、
「真っ白なキャンバス」のような楽曲になっています。

原曲はいわば

世界でいちばんすっきりした「世界でいちばん好きな人」

と言えるのでしょう。

ライブでの音源ばっかり聴きすぎず、
たまには原曲に立ち返って、原曲の良さを
味わい直すことも必要ですね♪

さて、話は変わりますが、
今週末もいろいろとKANさん的話題が目白押しです。

まず、今日12月12日、
今この文章を書いている通勤電車を降りて家に帰れば、
バッチリ録画されているであろう
WOWOWの「シャ乱Q20周年ライブ」を見られます。
ここで、KANさんがどのくらいまで放送されるのか、
過度の期待はしないようにしながら確認します。
もちろん、レポートしたいと思います。
(この文章書いている頃には
もう出演シーンは終わってますね、きっと)

明日、12月13日は、
KANさんが今度はクリスマスライブイベントで
再び東京丸ビル・マルキューブにて弾き語りライブ。
勝手に付けた通称は「クリスマルチューブ」です。
しかし、僕は今回不参加です。
育児・家事に専念するためでございます。
まだ生後1ヶ月満たない我が子とその母親を置いて、
ひとり東京にKANさんを見に行くというのは、
やはり父である自分としては許せません。
こんな僕でも、
KANさんのライブよりも大切なものってやはり、
あるんです、はい。
(なのにライブツアーの頃はもう息子も大きくなってるので、
なんとか参加できるかとは思っているわけですが・・・)

そんなわけで、クリスマルチューブの様子は、
みなさんの感想ブログや当サイトの掲示板で
読ませていただきたいと思っています。
(もちろん感想ブックマークも作る予定です)

そして、最後に、同じく12月13日。
KANさんが作曲で提供した
真野恵里菜さんの3rdシングル
「ラララ-ソソソ」のリリース日です。
僕はたぶん、いつものように、
iTunesにてダウンロード購入の予定です。
これも感想を書きたいと思っています。

そんな感じで
世界でいちばんすっきりした週末の予定
でした。


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

神様、仏様、MobileHackerz様

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 神様、仏様、MobileHackerz様
Link: http://sei.lovely.to/blog/004948.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4948

----

(このエントリー本文は昨日書き上げたもので、
とある事情で翌日に送信反映しています(本文参照))

昨日書いた「W64SH×ポメラ」でのブログ更新手順
について、早速貴重なコメントをいただきました。

txtファイルを添付したメールをとある
メールアドレスに送信するだけで、
添付ファイルの内容をそのままメール本文に
展開して返信してくれる、という、
なんとも神なメールサーバーが、
MobileHackerz様のところにある、と。

非常に助かりました。
ありがとうございます。

これで、前回の手順で説明したところの
半分以上の作業が省略できるため、
めちゃくちゃ楽になります。

もちろんメールサーバーをご厚意で使わせて
いただいているわけですので、
いつまでも甘えているわけにもいかないのですが、
しばらくはこの方法で切り抜けたいと思います。

なによりもですね、
auの中の人には、是非、このtxtファイル添付の
仕様について、元に戻してほしい!
できればダウンロードパッチでもいいから
このケータイにも反映してほしい!
と切に願うわけです。お願いします、ほんとに。

・・・と、ここまで書いて、W64SHを覗くと、
なんと、電池切れ寸前!!!
メールひとつさえ送らせてもらえない!!

なんとか手持ちの充電器で1通くらいメールを
送ることができるようにすることも可能ですが、

そのメールを送るための命と引き替えに
モバイルSuica定期券で改札から脱出することが
できなくなる恐れもあるため、
せっかく試したいのに残念ながら今日は断念です^^;

ああ、なんというオチでしょう。

関連サイト


ポメラ支援メールサーバー
MobileHackerz再起動日記: pomeraMobileをもうちょっと広い携帯電話へ【e】http://blog.mobilehackerz.jp/2008/11/pomeramobile.html

(ここから引用)

「テキストをメール添付で送信したら本文に入れて返信してくる」メールサーバを用意しました。まぁ、出来ないよりはマシってことで。

pomeraMobileでフォーマットしたmicroSDを使ってポメラで本文作成→au携帯電話にmicroSDを挿しなおす→microSD>PCフォルダ>該当テキストファイル>本体へ移動→データフォルダ>テキスト>該当テキストファイル>Eメール添付→上記アドレスへ送信→すぐに返信されてくるメール本文にテキスト在中→コピペでもなんでもお好きなように

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月10日 (水)

「W64SH×ポメラ」のブログ更新手順

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 「W64SH×ポメラ」のブログ更新手順
Link: http://sei.lovely.to/blog/004947.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4947

----

ちょっと前に、携帯メモ書きツール
「ポメラ(pomera)」を購入し、
今後のブログ更新がやりやすくなる!と
張り切っていて、
1つ前のケータイ「W41H」でのブログ更新が
格段に便利に気軽にできるようになったと
書いたことがありました。
 
その後、機種変更し、「W64SH」になった時、
当初えらい壁にぶち当たってしまいまして、
ブログ更新がいったん滞りました。
 
その壁を以下に列挙します。
 
 
(1)microSDカードは電池カバーの中にある
(2)PCフォルダから振り分けたtxtファイルをメール本文に引用できない
(3)au oneメールをケータイから見ると添付txtファイルは文字化けする
 
 
(1)は使いにくいけどしょうがない、と思って
半ば開き直り、現在はもう慣れてテキパキと
ケータイ→ポメラ、ポメラ→ケータイの
microSDカード入れ替えが可能になりました。
 
(2)が痛かったです。W41Hのときは、
メール本文にテキストファイルの中身をそのまま
添付できたので、モブログメールアドレス宛に
メール送信すればそれで更新できたんですよ。
 
(3)は、(2)の対処として
ケータイメール宛(つまり自分宛)に
txtファイルを添付して送信し、
EZ webで「au oneメール」を開き、
添付ファイルの中身を、EZ webの機能である
「テキストコピー」を使って
内容をコピーしてモブログ送信なり
直接編集ページに貼り付けるなりすればよいと
考えてやってみたのです。
が、なんと、Gmailの仕様なのかなんなのか、
日本語が全部文字化け。どんなファイルを添付しても
だめでした。
 
困った挙げ句、Gmailのメールアドレス宛に
送信してみました。それを、
「PCサイトビューアー」でGmailを開いてそのメールを閲覧。
ところがここでもトラップが。
 
添付ファイルに対するメニューで「表示」を選択すると、
やっぱり文字化けしてしまいます。
そこで、隣にある「スキャンしてダウンロード」を選択。
するとようやく、
添付txtファイルが文字化けすることなく閲覧できました。
ここからPCサイトビューアーのテキストコピー機能で
がっつりコピーして使えばOK!
(パチパチパチ)
 
・・・と思いきや、PCサイトビューアーでコピーできる文字数って、
めちゃくちゃ少ないんですね・・・^^;
これじゃ長文のコピーには到底耐えられません。
EZwebのテキストコピーなら結構長い文章でも
がっつりコピーできるはずなのに・・・
 
だからといって「EZweb」でGmail(モバイル版)を表示して
同じような方法をとっても、やっぱり文字化けするんです。
そりゃそうです、au oneもGmailと同じシステムを
流用しているわけですから。
 
なので、ここでとっておきの最後の荒技。
Gmailのモバイル版ではなく、
GmailのPC向けホーム画面のURLをコピーし、
EZwebにアドレスを直接打ち込んで表示。
アクセス成功。レイアウトがめちゃくちゃ
読みづらいですけど、なんとか一応使えるみたい。
 
そして先ほどと同じように、
該当のメールにアクセスし、添付ファイルメニューの
「スキャンしてダウンロード」を選択。
するとようやく、ようやく、ようやく!
テキストファイルがちゃんと文字化けせずに閲覧でき、
かつ、長い文章でも一気にコピーすることができました。
 
非常に長い長い格闘でしたが、私の
「W64SH×ポメラ」のブログ更新手順は
上記の経験から以下の通りに決まりました。
 
 
(1)microSDカードをポメラに挿入し、本文を執筆・保存。
(2)microSDカードをW64SHに挿入
(3)ケータイメニューの「microSD→PCフォルダ」から当該テキストファイルを選択
(4)当該ファイルをテキストフォルダに振り分け
(5)当該ファイルをメールに添付し、Gmail宛に送信
(6)EZwebのお気に入りに追加したPC用のGmailホーム画面にアクセス
(7)該当メールの添付ファイルメニューの「スキャンしてダウンロード」を選択。
(8)文字化けなく表示されたテキストファイルからEZwebのテキストコピー機能で本文をコピー
(9)モブログ宛メールなりブログ更新フォームなりにペーストしてブログ執筆完了
 
 
長々と書きましたら、ひょっとして万が一、
同事象に悩んでいるポメラ×auユーザーの方が
いらっしゃれば、参考になるかと思い、
雑然としていますが、自分への覚え書きの意味も
含めて、エントリーに起こしてみました。 
でもやはり、
今までの手順より遥かに大変な作業になったのが
非常に残念なところです。
 
緊急的なものやPCに触れないくらい


----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月 8日 (月)

08/12/05【雑誌】『音楽と人:09年1月号』インタビュー記事掲載

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 08/12/05【雑誌】『音楽と人:09年1月号』インタビュー記事掲載
Link: http://sei.lovely.to/blog/004942.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4942

----

本文を掲載するのは引用の範囲を超えてしまうので、
簡単に要旨をまとめてみますね・・・


・「弾き語りばったり#1」は伝説的にヤバいライブだった

・KANさんの曲がビートルズ・ビリージョエル・スティービーワンダーの3分類されるのは、当時のレコード1枚の価値が高かったから(今のようにすぐ消費して終わり、ではなく)、事前に試聴とかできず、ジャケットを睨み付けて買って、入り込み、弾けるようになるまで聴き込むような文化の中で、この3アーティストを聴き込み弾き込んできたから。

・歌詞は誰の影響も受けていない。音に合う言葉を選んでいたら、結果的にそうなっている、というケースが多い。

・ASKAさんの「はじまりはいつも雨」がきっかけで、邦楽をちゃんと聴くようになった。でも歌詞はやはり誰の影響は受けてない。

・独身時代は酒を呑んでベロンベロンになって素面では書けない歌詞を書いてた。でも、酒を呑まないで歌詞が書けるようにならなきゃダメ。

・昔は一時期、周りの評価はさておきどんどん曲を作っていこう的な時期があったけど、今は、「さすがですね!」って言われる曲をじっくり作りたい。


当時のレコードの買い方のくだりは、読んでて唸りました。
確かに最近そういうことをしていなくて、とても反省。
ていうか、そういう風にさせてくれるレコード・CDに出会いにくくなったというか・・・。

歌詞の作り方のくだりは、昔から随所で同じようなコメントをされています。
しかし、あんな台詞を平気で言っちゃうあたりが
KANさんらしいというかなんというか(笑)。
(原文を読んでみたらわかります)

曲をつくるペースについては、
このインタビュー全体を読んでみて、
改めて、うん、KANさんにはこのペースでいい曲を
じっくり書いてもらったほうがよいな、
と思いました。
たとえKANさんに巧みに仕組まれた言い訳だったとしても。
それで名曲が生まれるならば(プレッシャー)。

さっきも書きましたけど、結果的に
「消費されるためだけの音楽」ってやっぱりつまらない。
でもそうやって売っていかないと、
生きていけないというのも、これまた事実なんでしょうね・・・。
世知辛い世の中です。

もっといろんなことを語っているんですが、
これ以上書くのもアレなので、あとは実際に読んでみてください。

関連サイト


音楽と人

音楽と人 2009年 01月号 [雑誌]

USEN MAGAZINE SITE | 音楽と人【e】http://www.usen-magazine.jp/oh/index.html

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月 7日 (日)

[ハタチのシャ乱Q]KAN演奏曲目&感想ブックマーク

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: [ハタチのシャ乱Q]KAN演奏曲目&感想ブックマーク
Link: http://sei.lovely.to/blog/004937.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4937

----

KANさんもチラッと出演された、今日開催の

「シャ乱Q20周年記念ライブ」

は、開演は結構遅れるし、さらに

合計40曲以上に及ぶ約6時間のライブだったそうで、

参加されたみなさま、お疲れ様です。

シャ乱Qのコンサートというより、

アップフロント音楽祭的なイベントだったという感想を

各地で見ていますので、WOWOW放送を楽しみにしたいと

思います。

KANさんの出演パートは第1部で2曲だったそうです。

演奏曲目(KAN関連)

06.Nowhere Man(ザ・ビートルズ)(with つんく♂、黒沢健一)

07.愛は勝つ(with つんく♂、黒沢健一)

要約すると、

ビートルズを演奏するってことで、

KANさんはかつて「freebeat!」でもやったことがある

ジョン・レノンの扮装に、同時通訳役をつけて出てきたらしく(笑)。

(たぶん12月8日がジョン・レノンの命日だからだと思われ)

機材はバンドライブでおなじみの例の電子ピアノはめ込みのニセピアノで

演奏されたらしいです。「愛は勝つ」は間違いなくWOWOWで

放送されるでしょうから、またそのときに確認するとします。

というわけで、このときの模様について書かれたブログ等は、

取り急ぎ、以下にブックマークしていきます。

はてなブックマーク - kan-informationのブックマーク - ハタチのシャ乱Q【e】http://b.hatena.ne.jp/kan-information/ハタチのシャ乱Q/

関連サイト

ニュース

森高千里がひざ上20センチミニスカで歌う - 芸能ニュース : nikkansports.com【e】http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20081206-437516.html

(ここから引用)

記念公演には森高のほか、五木ひろし、矢口真里、モーニング娘。ら25組59人が出演。公演タイトルが「感謝! ハタチのシャ乱Q みんなでお祝いだ! 日本武道館フェスティバル〜長いよ〜」としただけあって、5時間以上の長時間ライブに。豪華ゲストが全41曲を歌い上げ、ファン9000人を楽しませた。

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月 5日 (金)

規則正しい生活を崩せない

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 規則正しい生活を崩せない
Link: http://sei.lovely.to/blog/004935.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4935

----

子象さんがたっくんとしてこの世に産まれてから、
非常に規則正しい生活を送らせてもらってます。
 
逆にいうと、家に帰ってから、
ゲームやテレビやパソコンを触る機会が
激減しており、ブログはもっぱらポメラで書いて
ケータイ使ってアップしている状況です。
 
その生活も随分慣れてきたわけですが、
先日購入した「レイトン教授」シリーズ最新作が
未開封だったので、試しに寝床に入ってから、
規則正しい生活環境下で初めてDSで遊んでみたら
どうなるのか、やってみました。
 
結果。
 
「オープニング映像の5分で寝る」
 
ということがわかりました(笑)。
ちなみに、24時より前です。
しかも、気がついたら、DSを口に加えてました。
ぜんぜん話の流れがわからんようになったので、
今日、もう一度最初からプレイします(笑)。
 
ちなみに、うちの細君によると、
規則正しい子育て生活に入ってからというもの、
同じように寝床でケータイを食べたまま寝ている
シーンを、複数回目撃しているそうです。
 
規則正しい生活を崩すのがとても難しい。
そんなありがたい毎日を送っています。
これからは、音楽関係だけじゃなく、ゲームも、
コメントレスも、ブログ更新も、全部
朝練として4時くらいからやる方がいいのかなとか(笑)
 
ちなみに、冒頭に書いた話に戻りますが、
今日1日だけで、
自分の乗っている電車が3回遅れています。
 
1つ目は朝、駅には到着してるのにオーバーランで
ドアが開かず、5分ロス。
2つ目は昼、障害物が線路にあって除去作業を行い、
11分ロス。
3つ目は夜、たった今発生したのですが、
停電事故により安全確認を行い、9分ロス。
 
「2度あることは3度ある」
 
これも「マーフィの法則」ってやつですかね。(違)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月 4日 (木)

08/11/27【FM】FM802(大阪)『HIRO T's MORNING JAM』生ゲスト出演

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 08/11/27【FM】FM802(大阪)『HIRO T's MORNING JAM』生ゲスト出演
Link: http://sei.lovely.to/blog/004927.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4927

----

登場

今回のプロモーション対象である
弾き語りばったり#7のアルバムから
「まゆみ」が流れたあと、

<KANの新作アルバムから「まゆみ」聴いていただきました。>

と切り出したところからすでにKANさんが
メインDJのフリしてしゃべっています。

<それでは今日のゲストをご紹介しましょう、日本一のむっつりスケベアーティスト、この方です!>

と言って、本来KANさんが呼びこまれるところを、
逆に、KANさん自身がヒロTさんを呼び込みます。
二人で最初からスットボケをかまし、
のっけからダジャレを言い合って突っ走ります。

ヒロTさん曰く、KANさんがゲストのときは
ダジャレを言うための「対戦モード」なんだと。
この雰囲気が懐かしい。KANさんの出演は
ほぼ1年ブリブリブリッ。
1年前と同様、相変わらず緊張感のないトークです。

ヒロTさんからこの日のKANさんの衣装の説明。
基本アイビーな紺色のジャケット金ボタン。
ブルーのボタンダウンのシャツ。
レジメンタルな茶系のタイに対してカーキ色のパンツ。
裾は当たり前にダブル。

でも、先日ビリージョエルさんのコンサートを
見に行った時は、その前に別件でふざけたコメントを
撮る都合があり、蝶ネクタイだったそうです。

弾き語りばったり#7アルバムについて(要約)

直接的に「次はライブ盤出すぜ!」っていうわけではなく、
あれをやってみようこれをやってみよう、
と考えた末の結論。
過去にライブDVD、ビデオを発売しているが、
せっかく全国でツアーしているのに、録るのは東京だけ
というのは違和感があり、弾き語りなら全公演録るのは
そんなに無理じゃないな、と思って
17公演すべて録音した。

ファンに対しての「こんなのもあるんだぞ」という
プレゼンテーションは当然あるとして、
自分自身に対しては「アーカイブ」というより、
「リアルに反省する点がいっぱいある作品」である。

ジャケット内に各会場で使用したグランドピアノの
写真とブランド・モデルを記載しているのは、
「こだわり」ではなく「音楽的なイメージアップ」(笑)。
会場の音の違いがわかりにくい人に対しての
配慮もあり、みたいな意味で。
どの会場も同じ人による同じ機材・同じセッティングでの
録音を行っているからこそ、
会場の音のアンバランス・・・じゃなくてアンビエンスを
感じるために、書いといたほうがいいと考えた。
そうすると急に音楽的になるため「イメージアップ」になる(笑)

ここで、弾き語りばったり#7のアルバムから
「Songwriter」オンエア。

改めて、ヒロTさんから

<リアディゾンと誕生日が一緒だと姑息に自慢するKANさんをゲストに迎えています。>

と紹介される。(笑)
それまで同日なのは田淵幸一氏くらいしか
いなかったそうで、KANさんは相当この事実を
自慢しているらしく。

KANファンが弾き語りばったりの開場後の練習時に
誰もKANさんに話しかけたり声かけたりしないことを
ヒロTさんがとても感心したというコメントもあり。

じゃぁ、スイスの首都は?について(要約)

CDのパッケージのなかに差し込まれていた
次のバンドツアーの告知。そこに書かれた
「BIG PEACH(仮)」というタイトルは、
夫から好かれている理由をきかれて
こう答えたというリア・ディゾンのことばから。
(意味はここではとてもじゃないが
かけないので調べてみてください^^;)

とりあえずこの仮タイトルを入れておいて、
もうちょっと本タイトルを考えましょう、ということになった。
結果的に「BIG PEACH」より深みがある
「じゃぁ、スイスの首都は?」に決まった。
ただし、「(その)心は・・・ないですね(笑)」。

札幌のお寿司やさんでご主人まで巻き込んで
首都当てジェスチャーゲームをやったときに、
「スイス」も問題に入っていたらしい。

・・・と、
ここから首都当てジェスチャーゲームの楽しみ方を
ラジオであるにも関わらず延々と展開(笑)。
「ラジオで1時間フルでジェスチャーゲームしてみたい」
というKANさんが言い出す始末。

衣装は決まりましたか?という問いには
「お正月にメンバーみんなを集めてミーティングて決めます」
とのこと。

ちなみにクリスマスの予定は、
札幌でイベント出演なんだそうです。
(まだ発表されていないですね。)

最後に
「今年もこうして・・・えっと、二人でクリスマスを祝う」
と紹介して、ゲスト出演終了。

弾き語りばったり#7アルバムから、
「今年もこうして二人でクリスマスを祝う」
が流れました。ちゃんちゃん。

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2008年12月 3日 (水)

真野恵里菜3rdシングルもKANさん作曲提供

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 真野恵里菜3rdシングルもKANさん作曲提供
Link: http://sei.lovely.to/blog/004932.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&no=1&eid=4932

----

最近毎日のようにあちこちに
メディア露出しているKANさん、
今度はマノエリさん(真野恵里菜)への楽曲提供第3弾のニュースです。

「ラララ-ソソソ」というタイトルだそうで、
「ラッキーオーラ」と同じ作家陣が手がけてます。
タイトルがまたスットボ系ですが、
またまたほどよく中毒性のある
良質メロディーなんでしょうか。
また術中にハマッて
ダウンロードゲットしちゃう予定です。

KANさんはもうこの手の曲は
なんぼでもぽんぽん作れそうですよね。
なんたって「歌詞を書かなくてよい」のですから
グッとハードルが低くなりますし(笑)

そういえば大御所男性歌手(でしたっけ)への楽曲提供、
あのあとまだ正体が明かされていませんが、
いつ発表になるんでしょうね。

バンドライブツアーのKIR先行予約結果とともに、
気になります。

ていうか、なにより
KANさん自身の新曲を出して欲しいということを
忘れてしまいそうな今日子の五郎なのも、
術中にハマッてるってことなんでしょうか?

関連サイト


ナタリー
真野恵里菜3rdシングルに再びKAN&たいせい参加

http://natalie.mu/news/show/id/11421

(ここから引用)

真野恵里菜のニューシングル「ラララ-ソソソ」が12月13日にリリースされることになった。

2ndシングル「ラッキーオーラ」から2カ月ぶりに発表される本作。前作同様に三浦徳子が作詞、KANが作曲、たいせい(シャ乱Q)が編曲を手がけたポップチューンに仕上がっている。

これまでと同じように、本作もインディーズでの流通。12月13日に横浜BLITZにて開催の「ファンクラブ会員限定!真野恵里菜 応援企画第3弾 真野FRIENDS PARTY vol.3」会場にて販売が開始される。その後は、ハロー!プロジェクト・オフィシャルショップなどでも購入することができる。

(ここまで引用)

----

Architect of Music
-SEI Official FunSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »