« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

リニューアルLuckyRaccoonは6月25日発売

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: リニューアルLuckyRaccoonは6月25日発売
Link: http://sei.lovely.to/blog/003876.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3876

----

LuckyRaccoon【e】
森田恭子さん責任編集の隔月発行雑誌『LuckyRaccoon』は、一度リセットして新たな企画も盛り込んでリニューアルされるということから、しばらくお休みされていたのですが、先日、待望の22号の発売が6月25日に決定しています。(KANLENDARの更新がまだ出来ていなくてすみません)

リニューアルとはいっても、KANさんのキュイジーヌコラム『ひっぱってパリコラ』はそのまま健在のようです。

なんでも過去の巻頭インタビューばかりを集めた『LuckyRaccoon memories』も一緒に買うと、先着でプレゼントがあるとか。僕は過去に買い逃していないため、内容は完全に重複することと、KANさんは巻頭の経験がないのでこちらには掲載されていないとのことで、購入はまだ迷っています。

なんにしても、あの、のんびりとした雰囲気で読んでてこちらの気持ちものんびりしてしまうLRがまた帰ってきてくれてうれしい限りです♪

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

リニューアルLuckyRaccoonは6月25日発売

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: リニューアルLuckyRaccoonは6月25日発売
Link: http://sei.lovely.to/blog/003876.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3876

----

LuckyRaccoon【e】
森田恭子さん責任編集の隔月発行雑誌『LuckyRaccoon』は、一度リセットして新たな企画も盛り込んでリニューアルされるということから、しばらくお休みされていたのですが、先日、待望の22号の発売が6月25日に決定しています。(KANLENDARの更新がまだ出来ていなくてすみません)

リニューアルとはいっても、KANさんのキュイジーヌコラム『ひっぱってパリコラ』はそのまま健在のようです。

なんでも過去の巻頭インタビューばかりを集めた『LuckyRaccoon memories』も一緒に買うと、先着でプレゼントがあるとか。僕は過去に買い逃していないため、内容は完全に重複することと、KANさんは巻頭の経験がないのでこちらには掲載されていないとのことで、購入はまだ迷っています。

なんにしても、あの、のんびりとした雰囲気で読んでてこちらの気持ちものんびりしてしまうLRがまた帰ってきてくれてうれしい限りです♪

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月30日 (水)

健康診断2007(受診編)

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 健康診断2007(受診編)
Link: http://sei.lovely.to/blog/003875.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3875

----

年1度の風物詩、健康診断がありました。

2004年は肝臓の脂肪で「要再検査」、2005年は同じく「要経過観察」、2006年はさすがにこのままじゃまずいと感じて生活習慣をこころもち改善し、ようやく「異常なし」を達成。2007年は元に戻らないよう、健康には引き続き留意して臨みたかったのですが。

受診結果で当日にわかる範囲では、体重は前年比まったく変わらず(来年の目標は-3kg)、身長は5mmほど縮少(来年の目標は+3cm(無理))。この1年でメガネを新調したので視力はちょっと良くなって当然で両眼1.0(あてずっぽうの正解を含む(おぃ))。血圧も問題なく。ただ、2年に1度くらい引っかかってた尿検査は、今年引っかかって「+」。これは僕の体質らしいので健康上支障はないそうですが血液検査の結果を待ちましょうとのこと。

血液検査とレントゲンは6月中旬くらいに結果が来ます。

以下は今後1年の自分への覚え書き。

▼よく噛んで落ち着いて食べろ
▼適度な運動を継続せよ
▼就寝2時間前以内に食べるな
▼米の量減らせ
▼菓子で腹膨らすくらいなら野菜食え
▼水を沢山飲んで代謝を向上せよ

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月29日 (火)

ZARD・坂井泉水さん死去

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: ZARD・坂井泉水さん死去
Link: http://sei.lovely.to/blog/003874.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3874

----

ZARD・坂井泉水さんが死去されたことについて、
そもそも闘病生活を送られていたということも含めて、大変に驚いています。

特にすごくファンとかそういうわけではなかったですし、
CDを買って持っているわけではなく、レンタルばかりでしたが、
僕の青き時代にずっとカセットテープやラジオを介して
バックグラウンドで流れ続けていた大切なアーティストの一人でした。

どのシングル曲をとっても、何かしら思い浮かぶ風景・光景があります。
当時から「ビーイング系」と呼ばれる様々なアーティストが生まれ、
少なからずその動きに対して拒絶感を感じていたにもかかわらず、
思い返してみると、ZARDのシングル曲には嫌いな楽曲がなかったんです。
すごくファンというわけではなくても、それくらい存在感がありました。

特に最近は遅ればせながら「名探偵コナン」が好きで、
今放送中のアニメだけではなく、今更ながら過去の映画を見てみたり、
過去放送されたアニメをCS放送で見ていたりするわけですが、
そこにも随所にZARDの楽曲がありました。
だからこそ、逆に新鮮なアーティストだったかもしれません。

それに、最近はコンピレーションCDでも、
KANさんと一緒に収録されることが多かったりもしますし、
そういう意味でもZARDという文字と接する機会が多かったですね。

今回のことがあったから、と書くと失礼かもしれないのですが、
でもこれがむしろ有る意味「きっかけ」なのかもしれないですが。

改めて、今更ですが、ベスト盤(Golden Best)を購入したいなあと考えています。

彼女が死に至った経緯については調査中の部分があり、真実はまだわかりませんが、
少なくとも彼女がこの世に贈り出したコトバの全ては事実。
そのひとつひとつのコトバが乗った楽曲たちは、
彼女がこの世から居なくなったこれからも、
あらゆる場所・あらゆる瞬間・あらゆる人に、
灯ったり消えたりまた灯ったりを繰り返し、
生き続けていくことでしょう。

簡単にそんな言葉で表現していますが、
楽曲が真の意味で生き続けるって、
「素敵」という一言で済ませたくないくらい、
もの凄いことだと思います。
「もの凄い」・・・これでも言い表しきれません。
つたなくて少ないボキャブラリーで、なんだか切ないです。

ほんとにお若くて、40歳って聞いてそれにも驚いていたのですが、
まだまだこれからというときにお亡くなりになったことが非常に残念です。

本当に、心よりご冥福をお祈りします。

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月27日 (日)

丸亀製麺・熊谷店/讃岐うどん

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 丸亀製麺・熊谷店/讃岐うどん
Link: http://sei.lovely.to/blog/003871.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3871

----

熊谷にも讃岐うどんの美味しいお店がやってきました!早速オープン初日に行ってきました♪
株式会社トリドール>釜揚げ讃岐うどん・丸亀製麺【e】 打ちたて、茹でたて、使う小麦粉も厳選した北海道産、常に本物のうどんの美味しさをお伝え中です。天ぷら、おむすびにもとことんこだわり、うどんに負けない美味しさをご用意しておりますので、是非お好みにあわせてご自由にお選び下さい。

店に入ったらどんと構える製麺機、その奥に広がる湯気と、おいしさいっぱいの風景の中でこだわりの味をお楽しみください。

▼魅せて退屈しない長蛇の列
▼記念すべき初回は「ぶっかけ大(冷)」
▼あんな「かきあげ」、初めて♪
▼常連になりそうな予感

の4本でお送りしまぁ〜す!んっがっんんっ。(懐)

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

黄砂に吹かれて花粉症悪化

昨日は近所にオープンした「丸亀製麺」にうどんを食べに行ったあとで、近所の百貨店に年に一度やってくる「大新潟展」を楽しみに行ってきたのです。買ったのは「あぶらあげ巻寿司」「やすだのヨーグルトプリン」「まるごと新潟(洋梨ロール)」「栃尾あぶらげ(辛味噌)」。どれもこれも美味しくて幸せなひとときでした。
やすだのヨーグルトプリン posted by (C)SEI

しかし、これらの行程を通じて苦しめられたのが、花粉症的症状。目鼻喉の全てがあの花粉症の症状と同じ辛い状態に陥り、くしゃくしゃになってました。なんかおかしいぞと思って家に帰ってみたら、うちの空気清浄機までが花粉MAXのサインを出しているんです。むむ、これはひょっとして・・・と思って調べてみると、
黄砂で花粉症が悪化!?【e】 黄砂で花粉症悪化 国立環境研などマウス実験で確認

黄砂が肺に入ると花粉症や気管支ぜんそくなどのアレルギー症状が悪化するというマウス実験結果を、市瀬孝道大分県立看護科学大教授(環境毒性学)と国立環境研究所などのグループがまとめた。

黄砂が呼吸器に影響を及ぼすことは指摘されていたが、黄砂とアレルギーの関連を実験で確かめたのは初という。

市瀬教授らは、マウスの肺に、アレルギー症状を起こす卵白アルブミン(卵の白身の成分)と中国・ゴビ砂漠南部で採取した黄砂をカテーテルで注入し実験。卵白アルブミンだけを入れたマウスと比較した。黄砂は環境基準値の2−4倍の量(※注釈参照)とした。卵白アルブミンだけでも気管支などに炎症が起きたが、黄砂を入れた場合に炎症はより強かった。

(中略)

市瀬教授は「日本の黄砂は韓国と比べ細かく、肺に入りやすい。微量でも吸い込むと花粉症やぜんそくなどが悪化する可能性があり、マスクで防ぐことが必要だ」と指摘している。

ああ、やっぱりこいつの仕業でしたか。最初は風邪なのかなと思っていたのが、空気清浄機によって圧倒的なスピードで症状がおさまったので、原因は黄砂で確定なんですね、きっと。はあ、何の対策もしてなかったから昨日はすごい辛かったです。今日はちゃんと花粉症の薬をつけておこうっと。
▼楽天市場より
フマキラー花粉鼻でブロック 5g(約30日分)


----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 黄砂に吹かれて花粉症悪化
Link: http://sei.lovely.to/blog/003872.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3872

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

黄砂に吹かれて花粉症悪化

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 黄砂に吹かれて花粉症悪化
Link: http://sei.lovely.to/blog/003872.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3872

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月26日 (土)

LOVEDEATH公式サイト・キャストページ公開

LOVEDEATH | ラブデス 公式サイト【e】 「あずみ」「スカイハイ」「ゴジラFINAL WARS」と大作・話題作を連発した北村龍平監督が2年半の沈黙を破り、とんでもない作品をひっさげて完全復活!原作・プロデュースは「SIDOOH」「爆音列島」「地雷震」「鉄腕ガール」「スカイハイ」で知られる高橋ツトム。出演者:武田真治・NorA・船越英一郎・大友康平・寺島進・池内博之・六平直政・北見敏之・IZAM・船木誠勝・川村カオリ・杉本彩・KAN・みさきゆう・あいはら友子・吉岡美穂・泉谷しげる・竹内力

NorAさんが描いた出演者イラストとともに、キャスト紹介がされています。KANさんも写真はないものの、「KAN&みさきゆう as医者&看護婦」と紹介されています(マウスポインタをイラストに合わせてください)。

近所では当然公開されていませんので、映画は残念ながらまだ観ていないのですが、予告編の雰囲気を見るからに、なかなかいい感じにのぺ〜っと描かれているんではないでしょうか(^^)。

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: LOVEDEATH公式サイト・キャストページ公開
Link: http://sei.lovely.to/blog/003870.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3870

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月25日 (金)

ニンテンドーWii『名探偵コナン 追憶の幻想』/マーベラスインタラクティブ

先日の品川明さん(=夜勤明けの私の別名)がWiiのコナンのゲームを買ってきました(笑)。
名探偵コナン 追憶の幻想発売元: マーベラスインタラクティブ価格: ¥ 6,069 (15% OFF)発売日: 2007/05/17posted with Socialtunes at 2007/05/25

まだクリアしていない段階ですが、買った当初想定していたよりも楽しめてます。たぶんそれは、ゲーム全体としてコナンの世界を継承できているからなのかなーと思います。

例えば音楽がちゃんとアニメどおりのタイミングでアニメどおりのBGMが使われていたりします。ゲームではよく、権利の関係でアニメオリジナルの楽曲が使えないなど障壁があるんですが、これをクリアしてるんですね。

あと、セリフも声優さんがふんだんに喋ってくれているのでシラケ感がなく、移入しやすい、とか。この手のゲームはオープニングとエンディングだけ頑張って作り込んであるのに中身がスカスカになっていることが多いんですが、それがないのは大きいです。自分のAボタンの押すタイミングを頑張ったら、各シーンのテンポ感も不自然じゃなくアニメ見てる感覚になれます(笑)。

システム的なことをいうとトリックチェーンという概念でつむぎ上げるように謎解きができるのは、謎解きが苦手な人に優しいですね。その優しさ故にストーリーのおさらいしすぎな感もありますが、ご愛嬌。Wiiの直感的操作を取り入れるよう努力しているからあまり煩わしい感じもないし。

ただ、ひとつだけ苦言を呈するならば、大きい画面でプレイすると酔い易い(笑)。妻はこのゲームにはまってるはずなのに、マップ移動で酔うから僕がいないとプレイできません(爆)

というわけで、2人でアニメのコナンを見る感覚でちょこっとずつ進めている次第です(笑)

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: ニンテンドーWii『名探偵コナン 追憶の幻想』/マーベラスインタラクティブ
Link: http://sei.lovely.to/blog/003869.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3869

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月24日 (木)

POP THE MUSICの贈り物

1989年のFM802開局以来、KANさんが様々なアーティストと週替わりでDJを務めていた『MUSIC GUMBO』。この中に『POP THE MUSIC(ポップ・ザ・ミュージック)』というコーナーがありました。

『POP THE MUSIC』とは、KANさんともう一人のアーティストが交代で曲を作り足していって、曲が出来たら今度はリスナーの皆さんから歌詞を募集して一曲を完成させる、なんっっっっっっっっっっっとも・・・・な、コーナーでした。(←KANさん自身が番組内でそんな説明をするんです)

いわゆる私が曲作りにハマるきっかけを与えてくれたのがこのコーナーで、むしろKANさんの音楽を好きになるよりも先にこのコーナーを知っていて楽しく聴いていたという状況でした。

そんな僕の人生の半分を変えてくれたといってもカゴンではない『POP THE MUSIC』のコーナーだけを、とある時期からずっと僕はカセットテープに録音し続けていました。それは槇原敬之さんが週替わり担当になったころからでした(残念ながら村田和人さんのときと、トータス松本さん以降のは残ってないんですよね〜)。

で、就職して大阪から関東に引っ越しするときには荷物の都合で実家に置いていき、しばらくして実家に帰ったときに捜索したところ見つからなかったので、「ああ、あのカセットテープはもうなくなっちゃったんだ・・・」と残念に思っていて諦めかけていたのですが、妹からちょっと前に「カセットテープからMDにダビング作業してます」と連絡があり。

え!なくなったと思ってたのは勘違いだったのですな!素直に嬉しい。しかもカセットテープだと、もう我が家には再生できる設備がないため、MDにダビングしてくれたというのもすごく嬉しい。

昨日、僕は30ちゃいと36ヶ月の創立記念日を迎えたわけですが、そのダビング後のMDが誕生日プレゼントとして(?)贈られてきました。早速ちょろっと聴いてみたらば、ああ、懐かしい、あんな曲やこんな歌詞が。克明に思い出されます。おどちゃんが作ってくれたPOP THE MUSICの特集ページも読み返したりしながら。

聴きなおし始めたときは奥さんもとなりにいたんですが(奥さんは元群馬の人なのでPOP THE MUSICをあまり聴いたことがない)、奥さんが、桜井和寿さんとKANさんの第1作目『GAS〜雨の週末〜』を聴いていたときに、BメロのKANさんのメロディが「どっかで聴いたことがあるんだけどおもいだせない・・・」と。確かに、どっかでKANさんの曲の中にあったよーななかったよーな、ゆっくり転調っぽく下っていくコード進行が、とてもKANさんらしいんです。KANさん自身の楽曲じゃなく、提供曲だったような気も。

槇原敬之さんと作った5曲目の名曲『帰らないで』の前奏がそのまま『指輪』の前奏になったときのように、KANさんの作品にコラージュされているものって、他にもあるのかもしれませんね〜。

とにもかくにも、確か名目上は両親からのプレゼントである服がメインだったような気もしますが、素敵なプレゼントをありがとうございましたm(__)m。

そうそう、僕が高校時代にシンセサイザー【YAMAHA V50】で作りこんだオリジナルとかカバーの楽曲の入ったMDも一緒に同封されていたんですが、これもまた懐かしかったなぁ〜。時間がないので、これについてはまた別の機会においおいと・・・。

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: POP THE MUSICの贈り物
Link: http://sei.lovely.to/blog/003868.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3868

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月23日 (水)

今日はラブデスライブ

KANさんも医者役で出演する「LOVEDEATH」のコンセプトライブが渋谷AXでありました。僕は夜勤明けのため、参加できませんでしたが、どんなライブだったでしょう?

行った友人の情報ですと、弾き語り出演といいつつも、単身弾き語りで数曲演奏したあといつものバンドメンバーが出てきて『愛は勝つ』も演奏されたとか♪

最初は僕の友人ではあまり行く人が居ないのかと思われていたこのライブ。気がつけば関西方面の遠征組の方々も含め、みなさん結構参加されていてびっくりでした(^^)

気になるアーティストさんも居て、夜勤明けとかじゃなかったらいってたのにな〜。夜勤明けだとしても椅子があったらいってたのにな〜。もちろんKANさん単独ならどんな条件でも行きますが(笑)

ああ、年取ったな(笑)

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 今日はラブデスライブ
Link: http://sei.lovely.to/blog/003798.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3798

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

07/05/19【EVENT】『LOVEDEATH LIVE 2007』出演

KANさんが出演する北村龍平監督作品の映画『LOVEDEATH』の一般公開を記念して、ライブイベント『LOVEDEATH LIVE 2007 FIGHT FOR LOVE』が開催されました。 開催概要 開催日/2007年05月19日(土) 開場/18:00 開演/18:30 会場/SHIBUYA-AX(東京都渋谷区神南) 出演/HOUND DOG、BLACK JAXX(武田真治、DJ Dragon)、SHAZNA、KAN、川村カオリ、陣内大蔵、NorA、and more ▼『LOVEDEATH』オフィシャルサイト限定先行予約 抽選エントリー期間/2007年04月01日(日)〜12日(金)13:00 抽選結果発表/2007年04月12日(金) 【関連サイト】 ...

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 07/05/19【EVENT】『LOVEDEATH LIVE 2007』出演
Link: http://sei.lovely.to/blog/003865.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3865

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

ブログ復旧日記#17(最終回)

5月9日にサーバートラブルにより壊滅的ダメージを受けたAoMのブログ。素数展開でお送りしているブログ復旧日記。第8弾の#17、ついに最終回です。 【全エントリの内容復旧】 ▼3月2日以降のエントリを全て復旧しました。時間かかったー。 ▼しかしながら、この期間のコメントやトラックバックは、全てを自動的に反映することができませんでした。 ▼せっかく皆さんからいただいた大変申し訳ありませんm(_ _)m。 ▼今後はこまめにバックアップをとるよう、心がけます。 【レイアウトメンテナンス】 ▼ブラウザにSleipnirを使っている場合のみ、画面の全てが表示しきらないことがあるようです。 ▼他のブラウザだと大丈夫のようです。 ▼しかし、当面はこのままで行く予定です。ごめ...

----

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: ブログ復旧日記#17(最終回)
Link: http://sei.lovely.to/blog/003799.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=1&mode=individual&eid=3799

----

Architect of Music
-SEI Official WebSite-
-KAN UnOfficial FanSite-
URL: http://sei.lovely.to

2007年5月 9日 (水)

新聞広告『アップフロントは5月10日で21年目』

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 新聞広告『アップフロントは5月10日で21年目』
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002838.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2838

----

今朝の新聞を見てびっくりしました。読売新聞5月9日朝刊の20〜21面に見開き2ページにわたり広告『アップフロントは5月10日で21年目』が掲載されています。

アップフロントグループ所属のメンバーが全員雛壇に陳列・・・じゃなくて整列して集合写真。いろんな世代にまたがってるので壮観です。

『KANさんをさがせ!』状態(笑)。あ〜みつけたみつけた、でも、この髪型、なんか、その、あの、ちょっと、年相応に見えちゃいます。ほんとはもっと若く見えるはずなのにーってなんとなく、ね。

他の新聞にこの広告は掲載されているのかなあ?...

2007年5月 8日 (火)

ブックマーク登録・クリップ登録・RSS登録用アイコン追加

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: ブックマーク登録・クリップ登録・RSS登録用アイコン追加
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002837.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2837

----

ブログのタイトル下あたりを見ていただくと、やけに沢山のアイコンが国旗のように並んでいるのが見えると思います。上の段がブックマークサービス、クリップサービスへの登録用アイコン、下の段がRSS登録用のアイコンになります。

皆さんがブックマークやクリップやRSSリーダーサービスを使っているのか、それは実際のところわからないのですが、随分前から自分自身、あちこちのサイトを見せていただくのにRSSリーダーにRSSフィードを登録して購読し、気になる記事や言及したい記事に対しブックマークやクリップしたりして活用しており、大変お世話になっています。

実際活用していただけるかというと、一部ブックマークサービスではURLは登録できるもののタイトルが文字化けしてしまい、どうにもうまくいきません。その場合はアイコンを押してジャンプした先で手動にてタイトルを修正していただけると幸いです。

特に何か新しい企画を始めたわけではありませんが、よろしくお願いしますm(__)m

・・・新しい企画といえば、ちょっと最近考えている企画があります。近日、こそっと始まるかもしれません。...

2007年5月 7日 (月)

07/04/28【雑誌】リットーミュージック『キーボード・マガジン』企画参加

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 07/04/28【雑誌】リットーミュージック『キーボード・マガジン』企画参加
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002833.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2833

----

キーボード・マガジン 2007年 06月号にKANさんがとある特集企画に参加されていました。情報をいただきましたとーきょーうーまんさん、ありがとうございましたm(__)m、早速買ってきましたよ♪
特集2:プロの発想に学べ!コード進行展開術

曲を作ったりアレンジをする上で、知らないうちに同じコードばかり使っていたり、どの曲も似た展開になってはいないだろうか? 作曲やアレンジは、音のキャラクターをうまく使い、全体の流れを作り出す“コード進行”が腕の見せどころとなる。楽曲の個性は、このコード進行をどう展開するかで決まると言っても過言ではない。本企画では、プロのクリエイターやキーボーディスト、アーティスト19名にアンケートを実施。本誌が提示したお題に続く4小節のコード進行を作ってもらった。また、それがどのようなアイディアで生まれたかを探るために、6つの質問に答えてもらった。これらのプロの発想を読みながら実際にコードを弾いてみることで、アナタの引き出しの数が大幅に増えること間違いなし!

KANさんも2パターンのお題に対してコードをつないでましたが、コメントが笑える、けど納得。8小節だけでその先どうなっていくかはわからない。それがKANさん的音楽建築術。びっくり箱です。玄関入って進んでいったらばあの辺に階段があるに違いない、という間取りや空気や語彙が並ぶ中、いきなり風呂が現れる、しかも薪で焚くタイプ!みたいな。

で、短いコード進行のみなのに1つ目、2つ目ともKANさんらしい雰囲気が出てます。2つ目の物悲しいフレーズは、KANさん自身の楽曲『カラス』を彷彿させます。ちなみにとなりでは同じことを小林信吾さんもやってらっしゃいます。これも信吾さんらしい展開ですよ(^^)

しかし、あの狭いコメントスペースに、2回にわたり計5〜6個の素数を展開するあたり、相変わらずの素数フェチっぷり発揮ですね(笑)。
キーボード・マガジン 2007年 06月号(小冊子付) [雑誌]発売元: リットーミュージック価格: ¥ 760発売日: 2007/04/28posted with Socialtunes at 2007/05/05
...

逆ゴールデンウィーク後のコンセプト

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 逆ゴールデンウィーク後のコンセプト
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002836.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2836

----

先ほど、逆GWが終了しました。

雨の予報で心配された僕のお休み1日、2日。1日とかは佐野プレミアムアウトレットやイオンに買い物に行って、確かに道中すごい雨に見舞われたんですが、現地に到着するとピタリと雨は止み、むしろ晴れ間さえ広がったり、2日もそれほど雨には打たれず、結局文字通り「雨よけ男」を達成することができました!パチパチパチ。

3〜4日、5〜6日はともに夜勤でしたが、夜勤明けを家で過ごしながらも泥のように眠ることはなかったので、割と連休っぽく過ごすこともできました。仕事的にも特に大きなトラブルは発生せず、振りかぶってみると意外と平穏なGWだったような気がしています。

さて、明日からまた普通の日々がやってきます。5月のコンセプトは「有意義にぼ〜っとする」で。

1日1日の24時間を、ムダにぼ〜っとすることを省いて48時間に感じられるような充実した生活を送れるように心がけたいです。だからといって、全くぼ〜っとすることなく「ゆとり」のない生活を望んでいるわけではありません。同じ「ぼ〜っと」するという状態にも種類があって、「ムダにぼ〜っとする」のと「有意義にぼ〜っとする」のとでは全然違うと考えてます。

有意義にぼ〜っとした後は、その次の動きへの切り替えがとてもスムーズにできて、無理なく「ゆとり」が十分に感じられるんですが、ムダにぼ〜っとした後は、次の動きへの切り替えがノソノソしてて、結果、さらに次の動きに対して焦ってしまい、ぼ〜っとしてたくせに「ゆとり」が逆に感じられない。みたいな。

じゃあ、「ムダにぼ〜っとする」と「有意義にぼ〜っとする」の違いはどこにあるのかと聴かれると、ぼ〜っとする最初の瞬間ですでに差があると考えています。

「ちょっとこれからぼ〜っとしてみよう」っていう意識をもって、作為的にぼ〜っとする時間を自分に与えると、ぼ〜っとしている間はほんとにココロが無になれてスッキリできて、比較的「有意義なぼ〜」になりやすい。そして、ぼ〜っとした後は、あまり知らないうちにムダにぼ〜っとするような時間は発生しなくなります。

逆に、知らないうちにぼ〜っとしてて気が付いたら数分経ってたみたいなときは、ココロが無になりきっていなくて、モヤモヤしたままハッと気が付く。そして「無駄な時間を過ごした感」がどこかに残存している。で、すでにムダにぼ〜っとした後なので、これ...

2007年5月 5日 (土)

07/05/03【EVENT】『fm osaka LIVE SPRING 07』出演

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 07/05/03【EVENT】『fm osaka LIVE SPRING 07』出演
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002835.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2835

----


開催概要
『fm osaka LIVE SPRING 07 大阪上町春めぐり〜花と歌〜』

開催日/2007年05月03日(木)
開場/13:00
開演/14:00
終演/18:30
会場/大阪城野外音楽堂
出演/KAN、押尾コータロー、大西ユカリと新世界、dorlis、いきものがかり、伊沢麻未(オープニングアクト)
MC/若宮テイ子、下埜正太

【料金】
指定席:¥1,000
芝生席:¥1,000(整理番号有り)

※KANさんは単身弾き語りでの出演。
※有料サイト『北青山イメージ再開発』での先行予約等のサービスなし。

【関連サイト】
▼『fm osaka LIVE SPRING 07 大阪上町春めぐり〜花と歌〜』
http://fmosaka.net/special/livespring07/index.html

演奏曲目
01.何の変哲もないLove Song
02.カレーライス
03.牛乳のんでギュー
04.まゆみ
05.世界でいちばん好きな人
06.永遠

SEIが読ませていただいたブログ等
▼fm osaka LIVE SPRING 07 大阪上町春めぐり〜花と歌〜|〜逆KAN〜
...

2007年5月 4日 (金)

密閉型ヘッドホン『ATH-A500 アートモニターヘッドホン』/audio-technica

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 密閉型ヘッドホン『ATH-A500 アートモニターヘッドホン』/audio-technica
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002831.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2831

----

うちにあるヘッドホンは中学時代からあるもので、受験勉強のお供になったり、楽曲作成時になにより一番活躍してくれたりで、さすがに耳のところがボロボロになりました。お疲れ様でした。

そこへ妻が、「RAG FAIRの6人の声をちゃんと聞き分けたいからヘッドホンが欲しい」と申告。こりゃ買うしかないね!と検討開始。いろいろ条件に合うものを探していましたが、決定しました。

▼密閉型ヘッドホン『ATH-A500 アートモニターヘッドホン』/audio-technica

です。

いろいろな条件というのが、以下の通り。

・実勢10,000円以下(精神的に安価に済ませたい)。
・密閉型またはオープンエアタイプ(インナータイプは除外)。
・コードは2m以上。巻き取り式は必須ではない(宅録時には長さが必要)。
・デフォルトはミニプラグで通常プラグが付属(うちのコンポ等の都合)。
・ノイズキャンセルは不要。その分別のところに費やしたい(家庭でしか使用しないため)。
・重すぎはイヤだけど軽さは追求しない(それより装着感優先で)。
・クチコミを信用する方向で(こういうのはクチコミがとても役立ちます)。

で、まずはカカクコムで人気上位で価格条件に合致する数点を候補に。クチコミ等も参考にして最低限の条件をクリアしていることを再確認。本日夜勤明けで品川明さん降臨。帰り際に某店にて候補のヘッドホンを試聴確認。

一通り聞き比べた結果、やはり『ATH-A500』が最もコストパフォーマンス高く、広がり大きく、奥行き深く、重厚な音を包み込むように提供してくれていました。

しかし、その某店では価格が10,000円越え。安いはずのこのお店で意外な展開。他店最安値を申告し値切ろうかとも思いましたが、ちょうど店員さん複数名が外国人集団とヘッドホン購入交渉中で、大変そうだったので、そこにややこしい話を持ち出してもなあ、と遠慮し、その場をあとにしました。

ふと、そういえばカカクコムで最安値だったのはアマゾンさんだったじゃないか!(¥7,016)と思い出し、2月からはポイントがつくし、よし!と、おもむろに携帯を取り出しポチッとな。なんと、某量販店内に居ながらにしてアマゾンで購入する、という不届き者になっちゃいました(笑)。

いやはや、ごめんなさい。今度ちゃんと某量販店さんで品川明さんが活躍しますから、許して...

2007年5月 2日 (水)

07/05/02【KIR】KAN『Rock on the Chair 座ってポン!』記事掲載

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 07/05/02【KIR】KAN『Rock on the Chair 座ってポン!』記事掲載
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002830.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2830

----

KANさん自身がKAN ALL SITTING BAND LIVE TOUR 2006 『Rock on the Chair 座ってポン!』を大きく振りかぶった記事が、KANオフィシャル有料会員サイト【北青山イメージ再開発(KIR)】にて掲載されました。

このブログや通常の掲示板ですとKIRの中の内容までは触れにくいと考えますので、KIR会員のみがわかるパスワードで入室できる以下の掲示板にて自由に書き込みできるようにしてあります。是非ご利用ください。(一部携帯電話端末には書き込み対応しておりません。申し訳ありません。)

▼KIR会員専用掲示板(PC用)
http://sei.lovely.to/kan/kirbbs/kirbbs.cgi
▼KIR会員専用掲示板(モバイル用)
http://sei.lovely.to/kan/kirbbs/kirbbs_i.cgi...

今日はKAN『弾き語りばったり#5』最終日

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 今日はKAN『弾き語りばったり#5』最終日
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002829.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2829

----

KANさんがSTVラジオ『KANのロックボンソワ』で、最終日を待たずしてライブの内容についてフライングネタバレをしちゃいたくなるくらい、ピアノ弾き語りオンリーのライブとしての演奏やトークをひっくりめたクオリティが高かった今回の『弾き語りばったり#5』。いよいよ今日が最終日。僕の故郷大阪にて、夕刻開演予定です。

結局のところ、今年の僕は「逆ゴールデンウィーク」なんだから、見に行こうと思えば見に行けたわけですが、この仕事の予定が未定から確定に変わったのが先月中旬だったわけで、5月2日の追加公演なんてとっくにチケットが売り切れていますし、翌日もちゃんと仕事がありますので、今回はせっかく最終日が大阪だったのですが、断念しました。最終公演に参加した皆さんのブログ等におじゃまさせていただいて、最終日ならではの興奮を分けていただこうと思っています。

「最終日」っていうと、いろんなサプライズを期待しちゃうもんなんですが、KANさんの弾き語りばったりの場合はこれまでは特にそういうサプライズはありませんでした。今回はどうなのかはわかりませんが、ライブが終わるときの拍手だけは、そのツアー中のどの公演よりも大きいようなそんな気がします。終演しそうな時間に、僕も心のなかで拍手を送りたいと思います。

皆さんの最終日のライブレポを読ませていただいた記録としてリンクするべく、コメトラ企画も東京追加公演までリンク張りが終わっています。ここに大阪最終公演の分がプラスされて、この企画も完成を向かえます^^。...

2007年5月 1日 (火)

逆GWの雨よけ男

▼記事全文・写真・リンク先は、下記BLOGで確認することができます。
Architect of Music: 逆GWの雨よけ男
Link: http://sei.lovely.to/index.cgi?url=http://sei.lovely.to/archives/002827.html
Mobile: http://sei.lovely.to/mt4i.cgi?id=4&mode=individual&eid=2827

----

今年も「逆GW」が始まりました。何の逆だかわ〜か〜ら〜な〜い。→KANさんのネタっていうかミュージシャンなのに「ネタ」って(笑)。

で、何の逆かっていうと、世間的な予定と僕の予定を見ていただければ。ついでに天気予報も(笑)

月日(曜):世間:SEI :天気
4/27(金):営業:休業:曇
4/28(土):休業:休業:雨
4/29(日):休業:夜勤:晴
4/30(祝):休業:明勤:晴
5/01(火):営業:休業:雨
5/02(水):営業:休業:雨
5/03(祝):休業:夜勤:晴
5/04(祝):休業:明勤:晴
5/05(土):休業:夜勤:晴
5/06(日):休業:明勤:晴

見事なまでに僕と世間の約90%が営業休業が逆。世の中に「逆コンテスト」略して「逆コン」があったら、敢闘賞もらえますよ、何に敢闘したんだかわかりませんが。あ、でも、それぞれの明勤の日にすんなり家に帰って眠るなんてもったいないことはせず、あちこち活動するように努めて、なんとか休みをムダにしないようにする予定ですので、有る意味「敢闘」なのかもしれません(笑)。

そして、見事なまでに僕が休みの日に限って雨模様。これまた約90%の確率です。世の中に「雨コンテスト」略して「雨コン」があったら、殊勲賞もらえますよ、何に殊勲したんだかわかりませんが。かつての僕は一部の界隈では雨男で有名でした。雨や嵐を「呼ぶ」ではなく「連れてくる」とさえ言われていました。KANさんのライブもしかり(特にオフ会時)、ジュビロの戦いをスタジアム観戦しに行くときもしかり。悲しくなることもありましたが、今やネタにもしてたりもしますし、もはや悲しむこともなくなりましたが。

しかし、最近同じ雨男でも様相が変化してきました。確かに雨は降らせます。かなり強い雨を滝のように打たせます。でも、大事な時にはきちんと雨が止み、むしろ晴れ間さえ広がるんです。1日中降っているわけではなく、必要なときには止んでくれる。雨は降るけどうまいこと避けて行動できるスキル(スキルなのか?)。これは「雨男」というのとはちょっと違います。

そう、今年の逆ゴールデンウィークのテーマは、「雨よけ男」、これで決定です。うまいこと雨の予報でも雨に打たれずに頑張って生きていきます。応援してください(何を?)。

でも、結局のところ、念願の「晴男」への道のりはまだまだ遠く険し...

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »